秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

日大三・金足農、どっちも勝て! ~高校野球準決勝~ 「東北出身の東京都民」はうれしい悲鳴です。

昨日の準々決勝4試合のうち、下関国際×日大三と近江×金足農の2試合を観ました。東北出身者として金足農を、東京都民として日大三を応援しました。両校とも敗色濃厚かと思われたが、日大三は八回に3点を、金足農は九回に2点を挙げて見事な逆転勝利。 日大…

『秀樹杉松』坂めぐり(第71回=2018-8-17=品川区荏原・平塚・西五反田・東五反田・北品川)~桐ヶ谷坂・相生坂・大正坂・八ツ山の坂・御殿山の坂。 〜新桐ヶ谷橋・宝塔寺・雉子神社・清泉女子大・目黒川・五反田橋・居木橋・ゲートシティ大崎。

『秀樹杉松』坂巡り 第71回 / 2018-8-17 / 東京品川区 坂めぐりの70回記念号を投稿したばかりですが、71回目に品川区へ行き、桐ヶ谷坂など5坂を巡って来ました。今日は猛暑にはならないようなので。例によって、坂近辺の寺社・学校・川・橋などにも寄ってき…

『秀樹杉松』坂めぐり(第70回=2018.8.15) 大田区山王・品川区東大井 ~清浦さんの坂・木芽の坂・犬坂・ヘルマン坂。~立会小学校・東大井公園・大井消防署・池見東京歯科衛生士専門学校・来福時・桜橋・立会川橋・立会川・立会道路・立会川導水吐口・坂本龍馬像・浜川砲台・勝沼運河。

<第70回記念特集> 今日8月15日は終戦(敗戦)記念日、お盆の15日、そして大安です。わが坂めぐりも、今日が70回目でした。70回記念として、大田区・品川区の4坂を巡ってきました。今日は予定していなかったハプニングも含め、とても充実した坂めぐりでした…

『秀樹杉松』坂めぐり(第69回=2018-8-13=品川区大崎・西品川・南品川・東大井)~峰原坂・百反坂・ゼームス坂・ゆうれい坂・仙台坂・旧仙台坂(くらやみ坂)。~目黒川・大崎橋。大崎警察署・立正大学(品川キャンパス)・りんかい線・エトワール女子高・仙台坂トンネル・仙台坂公園・海晏寺・泊舩寺・ジュネーブ平和通り。

品川区の6坂を巡ってきました。仙台坂と旧仙台坂(くらやみ坂)がありました。新旧併存いいですね。国際的な色合いの「ゼームス坂」があり、青物横丁駅前は「ジュネーブ平和通り」でした。暑さ対策と歩き過ぎ防止の観点から、普段あまり利用しない「りんか…

『秀樹杉松』坂めぐり(第68回=2018-8-11)品川区小山・旗の台 ~江戸見坂・八幡坂・鏑木坂・皀莢(さいかち)坂。~江戸見坂公園・小山八幡神社・摩耶寺(まやじ)・昭和大学/昭和大病院・三井住友銀行・香蘭女学校・稲荷通・サイカチ・清水台小学校・旗の台南公園。

今日は品川区小山・旗の台にある5つの坂めぐりをしてきました。本日のハイライトは、坂では「皀莢(さいかち)坂」でしょう。「サイカチ」の漢字表記にはいくつかありますし、植物としてのサイカチも魅力的で、栗に似た穂状の小花は特に印象的。 本文の坂学会…

『秀樹杉松』坂めぐり(第67回=2018-8-9 )目黒区緑ヶ丘 ~旭坂・ちどり坂・稲荷坂。~自由ヶ丘学園・熊野神社・九品仏川緑道・自由が丘街路(通り)/自由通り・学園通りetc.「自由が丘」小スタディ。

台風襲来が予報されたが、東京直撃はなかったので、目黒区緑が丘の坂めぐりへ出かけました(早朝5時自宅出発)。最寄駅の「自由が丘駅」からスタート。巡ったのはたったの3坂。実は自由が丘には第36回(今年4月5日)に出かけ、谷畑坂・睦坂・蜀江坂・兵庫…

北方謙三著『チンギス紀』一. 火眼』を読む。そして、成吉思汗 / 蒙古 / 蒙古襲来 / モンゴル /大相撲 / 強い白鵬・朝青龍 ……を思う。

◉前号にも書いたように、坂巡りなどで読むのが進まなかった『チンギス紀』(北方謙三著・集英社刊)の初巻「火眼」(かがん)を、今やっと読了しました。前号にアップした本書の表紙のオビに書かれているように、 →「ユーラシア大陸に拡がる大帝国の礎を築いた英…

坂めぐり一服 〜北方謙三『チンギス紀』(一、二)を読了できるかな?

今日は8月6日。広島原爆から73年が経った。今夜から雨が降り、9日までは傘模様がついており、台風も来るとか。8月に入ってから、1日・3日・5日と3回続けて東京の南端の大田区の坂を歩きめぐりました。「落穂拾い」の感があるので、三日間で歩いたのは10…

『秀樹杉松』坂めぐり(第66回=2018-8-5=東京大田区南馬込・西馬込)~馬込坂・二本木坂・南坂・蛇坂。~馬込橋・二本木橋・駒込八幡神社・長遠寺・馬込小・松原橋。

3回連続で大田区の坂へ行ってきました。大田区は東京都の最南部で、都心からは一番遠い。多摩川を境に神奈川県川崎市と接している。坂の数では23区内で6番目だが、面積は最大を誇っている。調べたら23区で面積の広いベスト3は、大田区(60.4㎢)、世田谷区…

『秀樹杉松』坂めぐり(第65回:2018-8-3 / 東京大田区田園調布本町・鵜の木・南久が原)~桜坂・おいと坂・かわら坂。富士見坂・ぬめり坂 / ~六郷用水・田園調布高校・昭和のくらし博物館・福山雅治「♪桜坂」・旧中原街道・鵜ノ木八幡神社・増明院。藤森稲荷神社。

一昨日に続き、今日は大田区の田園調布本町、鵜の木、南久が原という遠いところの坂へ、東急多摩川線に乗って行ってきました。相変わらず猛暑予報なので、早朝5時前に自宅を出ました。 5つの坂を巡りましたが、今日のハイライトは「桜坂」です。本号の大部…

『秀樹杉松』坂めぐり(第64回:2018-8-1)東京大田区石川町・東雪谷。〜神明坂・稲荷坂・宮前坂・雪見坂・権現坂。〜東京工業大学・石川神社・中原街道・東急池上線・雪谷八幡神社・雪の橋・宮前橋・呑川・雪谷小学校・石川台希望ヶ丘商店街。 

「坂学会:東京23区の坂」によれば、港区(130)・文京区(127)・新宿区(114)の3区がダントツのベスト3で、4番目板橋区(67)・5番目北区(62)・6番目世田谷区(58)と、大きな格差がある。今日行ってきた大田区は7番目で55坂を有している。 その大田区の石川町…

星 亮一著『斗南藩』(となみはん) ー「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起ー を読む。〜もう一つの明治維新史〜

今放映中の大河ドラマは観たことがない。関心がないからではない。ブログのプロフィールにあるように、私(Atelier秀樹)は「東北出身」です。誰よりも戊辰戦争には強い関心を持ち、自分なりの確固とした考えを懐いているつもりです。何はともあれ、お読みく…

故郷の「人口減少の激しさと超高齢化」に驚く ~弟からの便り~

東京は例年より大幅に早く梅雨が明けた。だからと言って「暑中見舞」を直ぐに出すのも憚られた。全国のあちこちで高温が報道されるようになったので、「いくらなんでも、もういいだろう」とパソコンに向かった。年賀状と違い、私は暑中見舞いはいただいた方…

坂めぐり(63回=2018-7-27)東京豊島区駒込 ~木戸坂・妙義坂・染井坂・有松坂。~駒込東公園・木戸孝允旧邸跡・女子栄養大学・妙義神社・染井坂通り・駒込小学校・西福寺・染井稲荷神社・染井よしの桜の里公園(染井吉野桜記念公園)・法成寺・六義園。

坂学会(sakagakkai.org) によれば、豊島区内には19の坂がある。20坂未満は23区でも6区しかないので極めて少ない方に属する。確かまだ1回しか行っていないので、今日は豊島区駒込の坂めぐりをしました。台風一過・日曜日の東京、最高気温は31度の予報…

『東京「スリバチ」地形散歩』(皆川典久著)を読む。〜素晴らしい本に出会いました。分かりやすくて、しかも専門的。見やすい写真・地図もたっぷりです!

著者:皆川典久(東京スリバチ学会会長) 書名:凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩 洋泉社 2012年2月15日初版、2017年6月2日第7刷発行 一風変わった面白い書名だが、私には身近に感じられる本です。「なるほど、その通り」と共感共鳴できることが多い…

坂めぐり(第62回=2018-7-24)世田谷区大蔵・砧・砧公園 ~新坂(大蔵)・座頭ころがし坂・愛宕坂・赤土坂・畳屋坂・八季の坂路。~永安寺・仙川・清水橋・大蔵橋(世田谷通)・石井戸橋(祖師谷通)・大蔵水道橋(荒玉水道道路)・日大商学部・三本杉陸橋・世田谷清掃工場・砧公園

今日の62回目の坂めぐりは、世田谷区の大蔵・砧方面へ行ってきました。昨夜は息子や孫から「熱中症にくれぐれも注意するように」との連絡が入った。今日の坂はちょっと離れた所に分散しているので、避暑も配慮し歩きを最小限にして、バスを2回利用し、細心…

リトグリ(Little Glee Monster)、NHKのど自慢にゲスト出演!

何十年も前までは「のど自慢」をよく視聴したものです。流行歌や演歌の全盛時代は「今は昔」の世界。平成時代も終幕を迎えつつあるが、自分にとっては「のど自慢を聴かなくなった時代」でもある。それなのに、久しぶりに今日昼はテレビで「のど自慢」を視聴…

“横綱御嶽海” みごとな、そして感動的な初優勝、おめでとう! “大関豊山”、“大関朝乃山”の大活躍も、たたえましょう。貴景勝・遠藤もよくやりました。何と言っても、貴ノ岩の大敢闘こそ賞賛すべきでは?

横綱全滅・大関不調で面白くなかった大相撲名古屋場所ですが、しかし今日14日目の御嶽海の初優勝には感動しました。私が“横綱御嶽海”と、先日思い切った書き方をしましたが、実際その通りになりました。長野県出身力士では初優勝、出羽海部屋では三重ノ海…

『秀樹杉松』坂めぐり(第61回=218-7-20)  大田区東雪谷・仲池上・南馬込・山王 ~花抜坂・八幡坂・六郎坂・大尽坂・おいはぎ坂・鎧坂・臼田坂・右近坂・闇坂・八景坂・清浦さんの坂。~池雪小・長慶寺・子安神社・林昌寺・大森十中・善照寺・大田区南馬込文化センター山王公園。文士村散歩道プレート。

東京23区で坂(名前がついている坂)が多いのは港区・文京区・新宿区の3区で、各区100以上でダントツ。これに次ぐのが板橋区・北区・千代田区で60台、そして世田谷区・大田区が50台。このところは、世田谷区と大田区の坂めぐりが多い。両区とも多摩川を…

『秀樹杉松』坂めぐり(60回記念=2018-7-17 世田谷区尾山台、大田区田園調布 )~寮の坂・急坂・馬坂・富士見坂・いろは坂・大山坂・滝坂・どりこの坂。~伝乗寺・尾山台宇佐神社・八幡塚古墳・八幡橋・丸子川・庵谷橋・八幡神社・照善寺・田園調布せせらぎ公園・亀甲山古墳・丸子橋・玉川台公園・多摩川台古墳群。〜60回記念特別付録「古墳めぐり」

区切りのいい<第60回記念坂めぐり>は、世田谷区尾山台と大田区田園調布の8つの坂と、坂に隣接する川・橋・寺社・学校・公園などに行ってきました。今日の8坂を加えて、巡り歩いた坂の合計数は561を数えました。東京は坂が多いですね。私の坂めぐりの対象…

どうなってますか、大相撲? ~ “横綱御嶽海”と“大関遠藤” 頑張れ!

ブログの「プロフィール」で、私は大相撲ファンになってますが、例の日馬富士暴行事件以来、急速に関心が薄れました。加えて、特に今場所はどうにもならない無様を見せつけられ、うんざりしています。 鶴竜と栃ノ心の活躍で何とかもってきたが、両力士も息切…

坂めぐり(59回=2018-7-14=世田谷区上野毛・中町・等々力・野毛)~ 原の坂・満願寺坂・等々力の坂・地頭坂・向田坂・浄音寺坂。~天祖神社・ 満願寺・等々力不動尊・丸子川・矢沢川

<第59回坂めぐり(2018-7-14)> 連日の猛暑なので、昼中を避けるために、今日は朝6時前に家を出ました。何しろ多摩川に近い、都心から遠いところなので、バス、電車を乗り継ぎ、帰宅したのは11時を過ぎていました。こんな暑さの中、坂道などを歩いて写真を…

『秀樹杉松』坂めぐり 第58回(2018-7-11、世田谷区上野毛・瀬田)~明神坂・稲荷坂・まむし坂・瀬田夕日坂・行善寺坂・行火坂。~丸子川・明神橋・稲荷橋・境橋・調布橋・上野毛自然公園・上野毛稲荷神社・行善寺・五島美術館・多摩美術大学。

坂めぐりが「50回500坂」に達した時点で、一旦“終了宣言”しました。だが、歩いていない坂が少し残っており、“未練”もあったので、「落穂拾い」と銘打って再開しました。しかし今回「坂学会」情報を徹底的に調べ直したら、かなりの数の坂が残っていることが確…

下町風物めぐり~131回ミニウォーク(2018-7-7/東京都ウォーキング協会/5km)~に参加。「入谷あさがお市」「下町七夕まつり(かっぱ橋本通り)」を楽しみました。

今日は曇り空で、いわばウォーキング日和。毎月第一土曜日開催のミニウォークも、今日が131回目を迎えました。私は、今は通常のウォークには参加していませんが、月一回の5kmミニウォークには、元会員として参加しています。日頃は家の近辺を毎日1時間ぐら…

子母澤寛『父子鷹』を読む ~ 勝海舟(麟太郎)の父:勝小吉を中心とした小説

三週間ばかり前に「歴史動かした超弩級時代劇『2018年6月12日』」のタイトルで、トラさんとキンさんの歴史的会談を取り上げました。キンさん(坂田金時=金太郎)とトラさん(虎ことふうてんの寅)。私のいつもの手法で、本名は伏せ、両人を“父子鷹”に仕立…

『秀樹杉松』坂めぐり・落穂拾い第7回:通算57回(2018-7-2:世田谷区桜上水5丁目)~ 駅南坂・細道坂・そよ風坂・タッピング坂・花火坂。~ゆうやけ道・ポスト道・つつじ道。~桜上水駅・荒玉水道道路・桜上水五丁目公園・日本大学文理学部。

しばらく休みましたが、10日ぶりに坂めぐりしてきました。①ブログ投稿の写真容量が尽きた、②風呂で肋骨を痛めた、③連日の猛暑が続いた、が理由でした。今日の落穂拾い7回(通算57回)は、坂がまとまってある近場の、桜上水5丁目の5つの坂へ行ってきまし…

帚木蓬生『安楽病棟』を読み、終末期医療、安楽死問題を考える。

ブログ『秀樹杉松』前号で、劇団青年座の公演「安楽病棟」観劇記を書きました。会場の本多劇場に行く前に図書館に立ち寄って、芝居の原作本『安楽病院』(帚木蓬生著)を借り出しました。本は観劇を終えて帰宅後に読みました。つまり、青年座の芝居を観た後に…

劇団青年座の232回公演「安楽病棟」を観て感動しました。 〜 原作:帚木蓬生、脚本:シライケイタ、演出:磯村純

週2回ばかり早朝パート(シルバー人材センター就業)をしています。やっている仕事は別ですが、そこで元気良く働いている人がおられます。その方から教わり、昨日の午後下北沢の本多劇場へ行き、劇団青年座の第232回公演「安楽病棟」を観劇してきました。 / …

老人と風呂

『老人と海』という書名が頭に浮かんだ。誰の著作だっかすぐに出てこないので、あわててウィキペディア調べたらアーネスト・ヘミングウェイの短編小説(The Old Man and the Sea)。世界的なベストセラーで、1954年のノーベル文学賞受賞とある。この種の作品…

『秀樹杉松』<坂めぐり>落穂拾い(第6回:通算56回=板橋区成増=2018-6-22)~小次郎兵衛久保坂・帳元の坂・成増坂・新田坂・百々女木坂・小井戸坂・太郎坂。(番外) 白子坂・滝坂。~成増小・赤塚二中・成増ヶ丘小・新田宿・八坂神社・東埼橋・白子橋・白子川・新田坂道祖神等石造物群。

今日は絶好の「五月晴れ(さつきばれ)」(旧暦皐月=5月の梅雨の晴れ間)に恵まれたので、板橋区成増の7坂を巡ってきました。これまで55回、529の坂を歩きましたが、板橋区が少なかったので坂学会の坂情報を調べたら、地図には載ってないがやはり結構な数の坂が…