秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

政治

北朝鮮「臨時政府」の続報

きょう(3月2日)早朝のニュースに続き、午後7時時点での続報を追加します。 <臨時政府 北朝鮮のニュース>Yahoo!ニュースから ○北に抵抗 団体が「臨時政府」/ 2019/3/1 15:41ーYahoo!ニュース ○脱北者支援団体「自由朝鮮」、“臨時政府”発足を表明(TBS系 …

北朝鮮「臨時政府」樹立のニュース 〜「自由朝鮮のための宣言」ウエブサイトで発表

いつものように5時台に起きて、チェリーさんのツイターを開いたら、「一体何が起きているんだろう?首脳会談決裂のタイミングで……」と出てきた。読んだら大ニュースのようなので、慌ててネットで「臨時政府」を検索したら次のように出てきました。/ Atelier…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を読む(17)【完】 第4章「沖縄ビジョンXを実現するためのケンカ道」

<編注> “朝令暮改”も甚だしいですが、前号において橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ』の読書メモは第3章(沖縄ビジョンX)で終了し、第4章(沖縄ビジョンXを実現するためのケンカ道)は全面的に割愛すると書きましたが、取り消します。 膨大な橋下氏の…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を読む(16)第3章 沖縄ビジョンX

橋下 徹『沖縄問題、解決はこれだ!これで沖縄は再生する』 朝日出版社 2019年1 月刊 橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を読む のブログ掲載は本号をもって終了とします。難しい政治問題を読んでいただき、ありがとうございました。…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を読む(15)第3章 沖縄ビジョンX

旧正月ですね 著者の橋下徹氏は前項の⑭を「単純な辺野古YES、辺野古NOを越えて、沖縄問題の根本を解決すべき手法を考えるべきです」と結んでいました。いよいよ、根源的で具体的な手法の提起に入ります。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を読む(14)第3章 沖縄ビジョンX

このシリーズは、注目の政治家・橋下徹氏の著書についての私の読書メモです。橋下徹氏の主張・提案に賛否両論があるでしょうが、熟読玩味が必要な「沖縄問題の解決、沖縄の再生策」だと確信しています。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する』を読む(13)  第3章 沖縄ビジョンX

沖縄問題の解決、沖縄の再生にかける橋下徹氏の熱い提案に耳を傾けましょう。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する』を読む(12) 第3章 沖縄ビジョンX

沖縄ビジョンの第4回目です。橋下徹氏の沖縄問題の解決策、沖縄の再生策もいよいよ具体的になってきました。ここまできたら、橋下氏を沖縄県知事から総理大臣に進んでいただくか、いきなり総理になっていただくしかないでしょう。仔細は本書そのものを読んで…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(11)  第3章 沖縄ビジョンX

沖縄ビジョンの第3回目です。具体的な提案がなされていますが、スペースの関係上、思い切り省略・割愛していますが、どうぞお読みください。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(10)  第3章 沖縄ビジョンX

1995年に大田昌秀沖縄県知事が打ち出した「国際都市形成構想」を「ビジョンX」となりうると評価する橋下氏は、この構想をブラッシュアップする策を打ち出している。今日はその2回目です。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(9) 国際都市形成構想、沖縄を東洋一の観光リゾートに

前号では第3章「沖縄ビジョンX」項目だけを列記しましたが、少し内容を紹介します。なにせ長大な著書ですので、思い切って短縮・省略します。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(8)  第2章「こんな重要な沖縄だから喧嘩に勝てる」、第3章「沖縄ビジョンX」

大阪府知事、同市長としての改革の実績、地域政党「大阪維新の会」、国政政党「日本維新の会」の創設などにより、橋下徹氏を首長、政治家として知らない人はいないと言ってもいいでしょう。同氏が沖縄県で行なった講演会での話を基に加筆してまとめたのが、…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(7) 「今こそ、政治的ケンカをする時だ!」

この本は4章293ページから成っていますが、今日の (7)「今こそ、政治的ケンカをする時だ」は第1章「沖縄問題に取りくむための心得」最終節です。第1章は40ページだけで、本書(293ページ)の14%にすぎません。文字通り「序章/序論」で、この先250ページ…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(6) 「東京で沖縄問題を考えよう」

今は橋下徹『』沖縄問題、解決策はこれだ!」(6) 「東京で沖縄問題を考えよう」です。 その前に、ちょっと弁解させてください。前号で私は、1951年(昭和26年)の平和条約と安保条約の締結に関して、私などは、「独立できてよかった」と思った程度で、沖縄問…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(5) 「日本政府の背信的態度が明らかとなったサンフランシスコ平和条約」

第5回は、沖縄問題の根源「サンフランシスコ平和条約」と「日米安全保障条約」です。68年も前のことだから、締結された事情を知っている人も少ないでしょう。私などは、「独立できてよかった」と思った程度で、沖縄には無関心でした。まして若い人は全く知ら…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(4)「基地問題は沖縄戦から始まっている」

34歳・関脇玉鷲が初優勝 ↑ 記事と写真は 今日(2018.1.28) の朝日新聞朝刊から 貴景勝が優勝したら、いつものように「ニッカン」「スポニチ」「スポーツ報知」を買いに、コンビニに走るつもりでしたが、手元の「朝日」の記事を自分で撮影しました。 玉鷲関、…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』を読む(3)「この沖縄の歴史を見れば、本土は恐縮するはず」

著者の橋下氏が強調する「沖縄の歴史」の登場です。私のこれまでの知識・認識は浅かったことに気づきました。著者の本文に即した引用に心がけています。お読みください。/ Atelier秀樹 大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝。昨年の全米オープンに続いての制…

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ』(2)「県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ・・・」の意味

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!』の2回めの読書メモをお届けします。 / Atelier秀樹

橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を読みました。国民必読の書?

読み終わったばかりの 橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する』を取り上げます。橋下氏の真意を知るために、私の下手な説明や要約・評論よりも、本書の文章に即して引用することを基本にします。 橋下徹『沖縄問題、解決策はこれだ!これ…

カレント トピックス 二題 ~ ① 侍眠島相殺戦  ② 大豆網:薄氷

<侍眠島相殺戦> 塩梅辛酸氏と石橋蹴氏とで争われた「侍眠島相殺戦」で、現職の塩梅氏が勝ったようです。戦虚中は「塩梅圧勝」が言われたが、結果は「石橋善戦」と報道されている。なんか、シラケ。 <大豆網:薄氷> 注目の木瀬ノ郷、身丈湖、結局ダメでし…

星 亮一著『斗南藩』(となみはん) ー「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起ー を読む。〜もう一つの明治維新史〜

今放映中の大河ドラマは観たことがない。関心がないからではない。ブログのプロフィールにあるように、私(Atelier秀樹)は「東北出身」です。誰よりも戊辰戦争には強い関心を持ち、自分なりの確固とした考えを懐いているつもりです。何はともあれ、お読みく…

『東京「スリバチ」地形散歩』(皆川典久著)を読む。〜素晴らしい本に出会いました。分かりやすくて、しかも専門的。見やすい写真・地図もたっぷりです!

著者:皆川典久(東京スリバチ学会会長) 書名:凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩 洋泉社 2012年2月15日初版、2017年6月2日第7刷発行 一風変わった面白い書名だが、私には身近に感じられる本です。「なるほど、その通り」と共感共鳴できることが多い…

歴史動かした超弩級時代劇「2018年6月12日」。トラさんとキンさんの“父子鷹”共演。~ 金太郎は、熊ならぬ虎にまたがりお馬の稽古 / ふうてんの寅は、精力的な名演技でフラれないでホッ。そして「男はつらいよ」。

3日前の6月12日、歴史は確かに動いた。“父子共演”の時代劇であった。その舞台には、童謡「♪金太郎」の曲が流され、寅さん映画「男はつらいよ」も放映された。 片やご存知、坂田の金時。マサカリならぬ「核実験成功・完了」を担いで、堂々と登場。熊ならぬ…

カレントトピックス ~ モリカケの激動。アメフトの反則アタックは監督・コーチの指示。栃ノ心の大関・優勝は?。頑張れ貴ノ岩。山井・山口の完封。西武の強打線:秋山・源田・浅村・山川・森。高打率で首位打者独走の柳田(SB)

重要なトピックスが相次いでいます。/Atelier秀樹

続「総理(首相)案件」。塩梅辛酸騒狸、否定できないから「コメントしない」。相も変わらなぬ ”答弁拒否”、弁解のみに終始。(ある国での話)

久しぶりで外国旅行しました。そこの国でビックリするような国会テレビ中継を見ました。某学園の獣医学部新設に関し、関係機関が官邸を訪ね、秘書官から「本件は総理(首相)案件」と聞かされたと記された文書の存在が報道され、知事も認めた。 だが、件の秘…

加計学園問題は, やはり”総理案件”。「死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」

今朝の朝日新聞1面トップ記事に驚いた。いや、加計問題はやはり「総理案件」だったのが証明された、と思いました。スクープのようですから、朝日新聞とってない人のために、骨子を引用掲載します。なお、強調・下線・大活字は、引用者が施しました。 / Atel…

脚本通りの誘導質問と答弁?~(質問)「総理からの指示はありませんでしたね」「夫人からの指示もありませんでしたね」/ (答え)「ございませんでした」「ございませんでした」。まるで猿芝居の証人喚問。

当時の局長への証人喚問。拒否し続けてきた与党がやっと賛成したのは、もちろん、総理・総理夫人・官邸の関与がなかった、との回答が確実に見込まれたからでしょう。その通りの展開になった。 それにしても、肝心のことは「刑事訴追の恐れ」を理由に答弁を”…

動物(狸、猿、象、鹿、雁、狐)支配下から脱却し、人間政治を取り戻すことが必要なのでは?

最近の政治は完全におかしいと思います。人間政治は駆逐され、今や動物が徘徊しているようです。何とかなりませんでしょうか? 主な動物をあげてみましょう。 塩梅辛酸騒狸 塩梅呆猿布陣 亜象罪魔城 鹿看板寵雁 これ以外にも、何匹か見え隠れします。 虎暗部…

「森友・公文書改ざん事件」が急展開。これは重大な犯罪。「原因」は明白で、「打開策・再発防止」は「殿の退陣」以外にないのでは?

◉前々号の「カレントイシュー三題」で、森友文書の改ざんニュースを、「日刊スポーツ」の記事で紹介しました。その後の情勢は急展開を見せています。当時の局長が引責辞任し、与党が拒み続けてきた同氏の国会招致も実現しそう。前回の「日刊スポーツ」に続い…

カレント・イシュー 三題 ⓵3・11(星野仙一)、⓶貴乃花の告発、⓷森友文書の書き換え  ~「日刊スポーツ」の報道記事から〜

今日は3月11日。久しぶりで買って読んだ「日刊スポーツ」から、カレントイシュー三題を紹介します。「坂めぐり」や「葉室麟」のブログ続きで、Atelier秀樹は政治・社会音痴だと思われたかもしれませんが、私とて、人並みに時事問題への関心はもっています…