秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

津本陽

星 亮一著『斗南藩』(となみはん) ー「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起ー を読む。〜もう一つの明治維新史〜

今放映中の大河ドラマは観たことがない。関心がないからではない。ブログのプロフィールにあるように、私(Atelier秀樹)は「東北出身」です。誰よりも戊辰戦争には強い関心を持ち、自分なりの確固とした考えを懐いているつもりです。何はともあれ、お読みく…

『東京「スリバチ」地形散歩』(皆川典久著)を読む。〜素晴らしい本に出会いました。分かりやすくて、しかも専門的。見やすい写真・地図もたっぷりです!

著者:皆川典久(東京スリバチ学会会長) 書名:凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩 洋泉社 2012年2月15日初版、2017年6月2日第7刷発行 一風変わった面白い書名だが、私には身近に感じられる本です。「なるほど、その通り」と共感共鳴できることが多い…

歴史動かした超弩級時代劇「2018年6月12日」。トラさんとキンさんの“父子鷹”共演。~ 金太郎は、熊ならぬ虎にまたがりお馬の稽古 / ふうてんの寅は、精力的な名演技でフラれないでホッ。そして「男はつらいよ」。

3日前の6月12日、歴史は確かに動いた。“父子共演”の時代劇であった。その舞台には、童謡「♪金太郎」の曲が流され、寅さん映画「男はつらいよ」も放映された。 片やご存知、坂田の金時。マサカリならぬ「核実験成功・完了」を担いで、堂々と登場。熊ならぬ…

『水滸伝』と「梁山泊」 ~ 津本陽氏のご逝去を悼み、『新釈 水滸伝』を読む

直木賞・吉川英治文学賞・菊池寛賞などを受賞した、時代小説作家の津本陽さん(1929~2018)が先月末に亡くなられたのを、新聞の報道で知った。哀悼の気持ちを胸に近くの図書館へ行った。所定の書架に作品が見当たらないので館員に訊いたら、津本陽コーナー…