秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

保阪正康著『昭和の怪物 七つの謎』正・続の2冊、一気に読みました。まさしく、名著です!

 

 

歴史小説や評論が好きなので、半藤一利(1930~)と保坂正康氏(1939~)の著作は読んでいます。お二人とも、私と同じ1930年代生まれですので、歴史の共有感・共鳴感もあるからです。

保坂正康『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)

正続2冊を読みました。

 

f:id:hideki-sansho:20201213114006j:plain

f:id:hideki-sansho:20201213114012j:plain

 

正編には、東条英機石原莞爾犬養毅・渡辺和子・瀬嶋龍三・吉田茂の6人、続編には、三島由紀夫近衛文麿橘孝三郎・野村吉三郎・田中角栄・伊藤雅哉・後藤田正晴の7人、計13人の歴史上の人物が取り上げられています。

 

私も小学校(当時は国民学校)3年生で敗戦を迎えたので、この13人はそれなりに知っていますが、濃淡様々です。渡辺和子さん、橘孝三郎さんのお二人は、あまり知ってはいませんでした。残る11名は「知らないのがおかしい」群像でしょう(今の若い人は別にして)。

...............................................

 

著者・保坂正康氏のプロフィール

f:id:hideki-sansho:20201213115134j:plain

 

『昭和の怪物 七つの謎』の内容

f:id:hideki-sansho:20201213115231j:plain

f:id:hideki-sansho:20201213115929j:plain

 

 

昭和の怪物 七つの謎』の内容

f:id:hideki-sansho:20201213115239j:plain

f:id:hideki-sansho:20201213115924j:plain

 

……………………………

写真:Atelier秀樹

……………………………

秀樹杉松』119巻3706号 2020.12.14/ hideki-sansho.hatenablog.com #746