秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

汁粉(しるこ、おしるこ)の味 ~ 何たって、これに勝る風味はない!~ ”汁粉STUDY”

 

 

pastedGraphic.png

御前汁粉に玄米

 

pastedGraphic_1.png

↑ 粒あんの汁粉 西日本ではぜんざいと呼ばれる

 

pastedGraphic_2.png

懐中汁粉

<編注>

上の3つの写真は、ウィキペディアja.m.wikipedia.org)からの引用です。

................................................

 

私は子供の頃から、おしるこ(しるこ)が大好きでしたが、今でも冬の時期は、街頭の自販機で買い求めて頂きます。一言でいえば、「甘くて美味しい」からです。また、今ごろは手袋しても手が冷たいが、自販機から出てきたばかりの汁粉の缶を素手で持つと、手が温まる。そして、心も!

……………………………

毎日のように外に出て散歩しますが、街中や道路で自販機を見つけると、近づいて「おしるこ」があるかどうか調べます。汁粉はもともと寒い時期のものなので、売っていない自販機の方が多い。今朝は、朝6時ごろ家を出て散歩し、7時半ごろ帰宅しました。この約1時間半のうちに、9か所の自販機を回りました(いつものことですが)。

 

けさ巡回した9か所の自販機のうち、既に売り切れとなっていた(主犯?は自分でしょう)のが3か所、汁粉を扱っていない自販機が5か所で、売り切れでない汁粉の自販機にたどり着いたのは九番目でした。「母をたずねて三千里」ではないが、「汁粉をたずねて〇千歩」です。それほどに私は「汁粉だいすき!」なのです。

…………………………………………

 

にもかかわらず、調べ好きの私?が、なぜか「汁粉」を ”検索” したことがなかった事に気づき、さっそく、ウィキペディア ja.m.wikipedia.org で調べました。味が深いお汁粉らしく、知らないことがいっぱい出てきて、その深さを知りました。部分的に引用します、よろしかったらご覧ください。

………………………………

 

汁粉 “STUDY”

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia ja.m.wikipedia.org

 

<汁粉>

汁粉(しるこ)は、小豆などを砂糖で甘く煮たの中に、白玉団子の甘露煮などを入れた食べ物。「おしるこ」とも呼ばれる。

関東では漉(こ)し餡を用いたものも粒餡を用いたものも区別せず汁粉と呼ばれるが、関西では漉し餡を用いたものを汁粉と呼び、粒餡を用いたものはぜんざいと呼び分けるのが通例である。

 

<種類>

粒餡漉し餡ともに汁粉と呼ぶ地方では、餡(あん)の違いによって区別される。

また、江戸時代以前より即席汁粉としての展開もみられる。

  • 懐中汁粉もなかの皮の中に粉末の漉し餡とあられを入れた日本古来のインスタント食品。湯を掛けて溶いて食べる。
  • お湯を注いで作る個包装の粉末汁粉カップ汁粉、缶入りでそのまま飲むことができるおしるこ缶なども販売されている。

<おしるこぜんざいの違い

 

関東(すなわち角餅)

関西(すなわち丸餅)

汁気あり

つぶあん

おしるこ(田舎汁粉または小倉汁粉)

ぜんざい

こしあん

おしるこ(御膳汁粉

おしるこ

汁気なし

ぜんざい

亀山または金時

 

………………………………………………………………

 

<バリエーション>

小豆餡以外に、白餡かぼちゃ百合根枝豆ずんだ)などを用いて作る場合もある。

......................................................................

 

<歴史>

 

江戸時代寛永12年(1635年)の『料理物語』の後段(宴会の後に出される間食で、うどんそうめん饅頭などが含まれる)の欄に、「すすりだんご」と称される物が載っている。これはもち米6に対しうるち米4で作った団子を小豆の粉の汁で煮込み、味を付けたものであり、その上から白砂糖を天盛りにした一種の汁物である。

 

現在は甘みを増して喫茶店や甘味屋・茶店などで供されており、大阪の「夫婦善哉(白玉団子の善哉(田舎汁粉)が2つの小さな御椀に入れられて供される)、仙台のずんだ汁粉など地域色の出た汁粉が出されている。

 

芥川龍之介は、昭和2年の5月に「しるこ」について

「しるこ」は西洋料理や支那料理と一しよに東京の「しるこ」を第一としてゐる。

と注目している料理である事を書き、またのしるこを啜る事なども書いている。この事について、久保田万太郎の「甘い物の話」でも触れており、久保田万太郎は「まず一気に汁粉を流し込む」と食べ方の付いて書いている。 芥川龍之介久保田万太郎と共に、汁粉は「食う物か飲むものか」熱心に話をしていた(「味の自由」より)。小島政二郎の「食いしん坊」でも同様であり、昔から話題のタネになりやすい料理であった。

……………………………

 

<行事>

正月の代表的な食べ物の一つである。島根県鳥取県においては雑煮として汁粉を食べる風習がある。また香川県など四国の一部では雑煮に餡入りの餅が使用される。鏡開きにおいては、鏡餅を用いて汁粉やぜんざいを作る。小正月に食される小豆粥も同様である。

日本の刑務所では被害者の命日、受刑者の食事に汁粉が付く。

.........................................................................

 

<編注>

以上の記事・写真は、『ウィキペディアWikipedia) 』 ja.m.wikipedia.org

からの引用を軸に構成しました。Wikipediaさん、いつも有難うございます。

 

……………………………………

<写真> Atelier秀樹

……………………………………

『秀樹杉松』127巻3875号 2022.1.9 hideki-sansho.hatenablog.com #915