秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

『秀樹杉松』へようこそ!

f:id:hideki-sansho:20181012125541j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125606j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125557j:plain

 『秀樹杉松』は、2013年7月に創刊した『Atelier秀樹ノート』を改題した、不定期刊の雑誌です。5年余りにわたって、いろんな事を書きなぐっています。昨年(2017年)8月から、紙印刷をやめて、

ブログ『秀樹杉松』hideki-sansho.hatenablog.com

として投稿し、既に #338 を数えています。  

メインコンテンツは、「坂めぐり」「親川記」(しんせんき)

の2つです。どちらも“アウトドア”で、核心は自然と人との対話・触れ合いです。

 

坂めぐり

 → 坂めぐり

 

東京23区内の坂歩きを昨年(2018)11月から始めたました。坂に限らず、周辺の寺社、公園、学校なども含めて巡ります。現在「90回・726坂」に及んでいます。坂めぐりは町(街)めぐりでもあります。写真も満載。

  

親川記

 → 親川記

 

タイトルは「川に親しむ」意。5年前に、都内の37の中小河川を歩きました。川と橋はもとより、流域の佇まいにも触れました。川縁は新緑や紅葉の木々に覆われ、美しい季節の草花に彩られます鴨、亀、鯉(3K)ともお友達になりました。

 

◉「坂めぐり」「親川記」『秀樹杉松』の力作(のつもり)です。アクセスをお待ちしております。他のカテゴリーにもどうぞ。 

<注1>この『秀樹杉松』へようこそ は、トップ記事固定されているので、いつも真っ先に表示されます。通常の記事は、下へスクロールすると出てきます。 

<注2> → の後の 坂めぐり親川記 をクリックすると、その名前のカテゴリーの記事がまとまって出てきます(新しい順に)。

                               / Atelier秀樹

 

 『秀樹杉松』98巻2699号 2018-10-10  /  hideki-sansho.hatenablog.com #339

台風の爪痕、子供らの優しい心 ~シルバー就業の寸景

 シルバーといえば、元々はsilver、銀。オリンピックでも金メダル、銀メダルと使われる。現代社会にあっては、高齢者、シルバー人材センター、同会員をも指す。わたしはシルバーの会員として、学校でパート就業をしています。“年寄り”がシルバー就業する目的は多くの場合、①少しでも社会のお役に立ちたい、②健康のため(体や頭を少し使う)、③小遣い程度(にもならない?)の収入が得られる、の3点に要約できるでしょう。

 この号は、先日の台風による被害状況などの写真をアップしましたので、ぜひご覧ください。 / Aelier秀樹

続きを読む

94回坂めぐり(2018-10-17) ~石坂、六角坂、曙坂、三段坂。〜文京区西片・小石川、台東区池之端。

 今日の坂めぐりは94回目ですが、二日連続で行ったのは今回が初めてかもしれません。昨日歩いたので次回は明日以降のつもりでしたが、お日様が顔を出してきたので、「秋の空」に誘われて出かけました。

 もう一つは、昨日までに巡った坂数が751に達したので、ちょっと資料を覗いたら、日本坂道学会」の坂情報に掲載されている坂数が全部で753(9月8日現在)であることに気づきました。つまり、あと二つに迫っていることを知って、びっくりしました。それなら、今日で追い越しとなるか、それじゃ行ってみよう、となった次第です。

 私は途中から「坂学会」情報に導かれて坂めぐりを展開しているので、この現象は不思議ではありません。とはいうものの、800坂を少し超えるぐらいで終わるとは思います。今日は文京区の坂3つと台東区の坂1つ、計4坂だけです。どうぞご覧ください。 / Atelier秀樹

続きを読む

93回坂めぐり(2018-10-16)牛坂、金比羅坂、忠弥坂、お茶の水坂、建部坂、富士見坂、油坂、明神男坂、明神女坂。~北野神社(牛天神)、金毘羅宮、昭和一高、桜蔭学園、元町公園、丸橋忠弥、源頼朝、順天堂大学、神田明神、明神甘酒、太田姫稲荷神社(一口稲荷神社:いもあらいいなりじんじゃ)。

 今日は前回の神田駿河台神田川を界に北に接する文京区本郷界隈の7坂と千代田区外神田の2坂を巡ってきました。千代田区内の坂は、今日の2坂(神田明神男女坂)で終わりとなります。今日は、牛天神、源頼朝金比羅さま、丸橋忠弥、神田明神、明神甘酒などが登場します。終了後、前回紹介した「太田姫稲荷神社」(一口稲荷)へ寄って写真を撮ってきました。どうぞご覧ください。 / Atelier秀樹

続きを読む

92回 坂めぐり(2018-10-14)~淡路坂、幽霊坂、紅梅坂、新坂、観音坂、甲賀坂、池田坂、雁木坂。~聖橋、神田川、神田郵便局、ニコライ堂、淡路公園、YMCA会館、日大歯学部、太田姫稲荷神社。

 今日は前回(おととい)の文坂(明大通)の東側の8坂を巡ってきました。町名は淡路町駿河台です。今日も「幽霊坂」が一つありました。昔は幽霊が本当に出たんでしょうか?。それと、今日の8坂のうち5坂に別名がありました。それも、一つの坂で2つや3つの別名を。歴史を感じます。坂名に象徴されるように、御茶ノ水界隈は歴史の匂いが漂う街でした。

 今日のハイライトは”アクシデント”でしょう。事前のスタディでは知らなかったものを発見したのです。それは「一口(いもあらい)太田姫神社」との遭遇です。それも、現在の神社ではなく、「此処にその神社がありました」という告知版です。詳しくは本文をお読みください。

 尚いつものことですが、『秀樹杉松』坂巡りでは、引用させていただいている「坂学会」の坂解説に出てくる、坂周辺の寺社、公園、学校などは、可能な限り立ち寄って写真を撮るようにしています。坂だけの記事や写真だけでは、ある意味“無味乾燥”?みたいな感じもあるし、私自身が坂の周辺や街並みにも関心があるからです。ご了承ください。

 何はともあれ、ご覧ください。 / Atelier秀樹

続きを読む

北方謙三『楠木正成』を読む

f:id:hideki-sansho:20181013120727j:plain

                   北方謙三楠木正成 中央公論新社 2000年刊

 

読んでみようと思ったきっかけは、

1)『チンギス記』と『杖下に死す』に感動したので、もう少し読んでみたい。

2)南北朝、14世紀の時代に興味がある。

3)何よりも、楠木正成への関心。

続きを読む

91回坂めぐり(2018-10-12=千代田区) ~小栗坂、皀角坂、男坂、女坂、錦華坂、文坂、吉郎坂、富士見坂。 ~ 金華公園、日大理工学部、御茶の水小、夏目漱石文学碑、明治大学、「御茶の水」碑。

今日は千代田区の“学生街神田駿河台界隈の8つの坂めぐりでした。この辺は坂が多いので2回に分けました。次回は残りの7坂に出かける予定です。この地域の15坂で坂名が地図に載っているのは、水道橋に近い「小栗坂」と「皀角坂」だけなため、第二次坂めぐりに持ち越されしました。どうぞご覧ください。 / Atelier秀樹

続きを読む

何 !  原さんがまた監督だって ? ~巨人の監督騒動~

 

 テレビで巨人の高橋監督の後任は原監督の復帰だと聴いて、驚いたり呆れたりした。巨人ファンはなんと受け止めるか知れないが、外野から見る限り、代わり映えがしないというか、3年前になぜ原監督から高橋監督にしたのか、などと思うのは自然でしょう。/Atelier秀樹

続きを読む