秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

カレントトピックス ~ モリカケの激動。アメフトの反則アタックは監督・コーチの指示。栃ノ心の大関・優勝は?。頑張れ貴ノ岩。山井・山口の完封。西武の強打線:秋山・源田・浅村・山川・森。高打率で首位打者独走の柳田(SB)

 重要なトピックスが相次いでいます。/Atelier秀樹

続きを読む

『秀樹杉松』<坂めぐり>を終えて ~まとめ~【続】

 <坂めぐり>まとめの続編です。/ Atelier秀樹

 11) 地元住民や通行者にはお世話になって感謝感激でしたが、外国大使館の警備警官にはがっかりし、正直不快な思いをしました。大使館の写真を撮ろうとしたら「待った」がかかりました。「法的な根拠でもあるか」と質したら、禁止はされていないが、協力をお願いしている由。不満ではあったが撮影をやめて移動しようとしたら、「写真撮影しなかったどうか確認したいので、写真機を出してください」と追い討ちをかけられた。撮影してないし、カメラ提出の義務もないので、もちろん断ったが、今回の一連の坂歩きで唯一の嫌な思い出です。

 12) 坂道に「坂標識」が出ている区と、ほとんど無い区がありました。金もかかるでしょうが なんとか設置してほしいものです。区政の課題は様々いっぱいでしょうが、関係者の皆様に訴えたいと思います。

 13) 坂標識があれば地図にも載るし、地域住民も大切にし、誇りにするようです。坂標識のある区民に探している坂の所在を尋ねると、すぐに教えてくれます。つまり住民自身の「わが町の坂」となっているのです。そうで無い地域では、坂があることすら知らなく、「聞いたことがない」の返答が返ってきます。やはり、地域住民・町会・区役所などの一体感が必要なようです。6月1日にブログ投稿する予定の<坂歩き>最終編に掲載する坂は、町会の力が結集した姿が示されます。どうぞ、お楽しみに。遅くても夕方までには、お届けできると思います。

 14) 地図への「坂名」記載がベストです。坂標識がなければ、地図には載らないようです。地図にはご承知のように、道路・線路・川・町名と街区番号・官公署・学校・交番・病院・公園・寺社・コンビニ・デパート・墓地・銀行・交差点・郵便局…など、列挙しきれないほどの項目が記載されます。したがって、スペースの関係から、坂名が記載できないケースも当然出てきます。いずれにせよ、坂標識の設置が極めて大切になります。

 15) 道に必ず坂があるとは限りません。海に近い下町には坂がないか、少ないのは当然で、逆に山手地域に多いのも明らかです。昔は人口も少ないし、また道路を作るのも大変なので、坂は少なかったでしょうが、人口増と交通量の増大に伴い、道路が増えたと察せられます。そして坂には名前をつけて、「〇〇坂で会いましょう」というように、いまの町名・番地みたいな役割を果たしていたのではないか。だから例えば、稲荷神社の脇の坂なら「稲荷坂」と呼ばれたのでしょう。このように、坂(道)は住民に密着した重要な場所だったと思われます。坂を大切に扱うのは、歴史を大切にすることに繋がるのではないでしょうか?

 16) 23区で坂の多い港区の「公式ホームページ/坂図鑑」は見事なものです。1. 潮見坂から86.桑原坂までの区内86坂が収容されており、通し番号付きの一覧表と、その場所に坂番号のついた地図が出てきます。どちらからでも検索が可能で、アクセスすると坂の所在場所(町名と番号)、坂名の由来が出てきます。

 因みに、「坂学会/東京23区の坂」(sakagakkai.org)の港区内の坂は130坂がリストアップされています。この中には、階段5、痕跡4、消滅5が含まれています。一方、日本坂道学会の「東京23区の坂道」(tokyo.sakura.ne.jp)には118坂が掲載されています。港区の公式HP「坂図鑑」には86坂が収容されており、確か全てに坂標識が備わっていたと思います。

 17) 港区は坂学会リストでは130坂で、23区中最も多い。「坂図鑑」の構築に見られるように、坂行政に力を入れているようです。因みに港区は、昭和22年に芝区・麻布区赤坂区が合併して誕生した区で、新しい区名案が提出されて審議が進められ、区名の案の一つに「今後の我が国の発展は貿易の振興にあるが、その素材とも言える東京港を抱合している」ことから「東港区(とうこうく)」が候補になるも「東港区」では「東京都東港区」のように似た音が重なるので「東」の一字を除いて「港区」になったそうです。昼間人口が90万人、夜間人口が18万5千人と格差の多い区で有名です。港区に次いで坂の多いのが、文京区127坂、新宿区114となっています。私が巡り歩いた坂もこの3区が多かったのですが、総じて坂標識も整備されていました。

 18) 坂学会と日本坂道学会は、私が調べた限りでは、坂調査研究機関の双璧だと思います。テレビなどによく出てくる関係からか、タモリさんの「日本坂道学会副会長」は知られているようです。私は、坂めぐりの前半は坂道学会、後半は坂学会の資料を主に使いました。両方にお世話になった関係もあり、両学会に配慮することにしています。坂巡りや坂道歩きをする人にとっては、有力な学会・文献であることは間違いがなく、ここに連帯を表明します。

両学会のますますの活躍と発展を祈っています

 19) 何年か前に都内の中小河川歩きをしました。この川歩きと並行して『親川記』(1)~(38)」と題する紀行を書きました。『親川記』の全編(写真入り)は、このブログにも複製投稿しています。関心のある方はお読みください。今回の坂歩きは最初からブログ投稿です。

 20) 最後になりましたが、私が今回の<坂めぐり>を始めた動機で締めたいと思います。若い女の子たちのアイドルグループが流行っており、その中に「坂道シリーズ」(「46グループ」「坂道グループ」の呼称も)があることを知りました。その名は乃木坂46」と「欅坂46。プロデューサーは秋元康だと聞いて、美空ひばりの代表歌「川の流れのように」の作詞者であることに気づきました。川歩きしながらこの歌を口ずさみました。

 乃木坂は行ったことがあるが、欅坂は知らない。どんな所か行ってみようと地図とネットで調べたら、どうやら港区六本木のテレビ朝日の前が「けやき坂」のようだ。早速に乃木坂と六本木のけやき坂へ行って写真を撮ってきて、ブログに投稿しました。

 この時、「港区は坂が多いようだから、ほかの坂にも行ってみようかな」と閃きました。それが「港区内の坂巡り」にひろがり、ついには「23区の坂めぐり」へと発展したのです。しかし、これがまさか「50回・500坂」になるとは、想像もしなかったことです。坂めぐりを重ねるうちに、坂の魅力に取り込まれ、近辺の史跡など巡りも加えたものにハマったのです。川の魅力に取り憑かれた「川歩き」と、今回の「坂めぐり」は、自然と街を愛する私にとっては、繋がっているようです。

  ……………………………………………………………………………………………………

 以上の「20か条」で、半年間にわたった<坂めぐり>のまとめとします。では、6月1日の<坂めぐり>最終号でまた会いましょう。

     …………………………………………………………………………………

                 『秀樹杉松』94巻2608号  2018-5-19,  #blog<hideki-sansho>248

                  …………………………………………………………………………………

『秀樹杉松』<坂めぐり>を終えて ~まとめ~

 昔?なら“総括”というでしょうが、<坂めぐり>が終わったので、気がついたことを思いつくまま、まとめてみましました。

 1)時期 = 2017年11月18日~2018年5月16日

 2)回数 / 坂数 = 50回 / 500坂

 3)坂めぐりに加えて、当該坂に直接間接に関係する名所旧跡、近辺の建物なども見て回りました。『秀樹杉松』<坂歩き>の特徴でしょう。

 4)巡り歩いた区 = 対象とした東京23区のうちの18区

 5)歩かなかった区 = 5区(江東区・葛飾区・中央区・豊島区・練馬区

  今回の<坂めぐり>対象は「坂名のある坂」で、正確にいえば「坂学会と日本坂道学会の坂リストに登載されている坂」に限りました。この基準でいくと、江東区・葛飾区・中央区の3区には名前のある坂は存在しないので、当然対象外。実は、豊島区と練馬区の2区には坂があったのですが、うっかりミス(調査不十分)で、今回は対象外となりました。(このまとめを書くために調べて、そのことが判明しました) 

 6)坂めぐりにあたっては、事前の調査準備に力を入れ、場所の選定やコースの決定に時間を割きました。しかし実際に現地に行ってみると、その通りにいかないことが沢山ありました。ただ漫然と散策するのではなく、私なりに目的をもっての坂めぐりですから、当然のことでした。大型の地図帳を使って便利でしたが、持ち運びは楽ではなく、写真撮影の時は路上(地上)に置くことになりました。 

 7)写真を撮るのも<坂めぐり>の重要な楽しみ、目的なので、厳格なコースの確定は必須でした。坂学会の坂マップによって、地図帳の該当道路に蛍光ペンで朱線を入れ、鉛筆で坂名を書き込みました。“机上の空論”とかいいますが、地図と現場の地理は必ずしもピッタリではなく、目的の坂道を探すのに苦労しました。右往左往・前進後退いずれにすべきか迷い、地図に見入ったまま立ち尽くすこともあり、通行人から「何をお探しですか」と声を掛けられる始末でした。

 8)スマフォを使いこなす人から見たら、なんと原始的なことをしているんだろうと思われるでしょうが。自分の“方向音痴”にもほどほど呆れました。今いる場所がわからなくなり、どっちに行くべきか困ることがしばしばだったのです。“西も東もわからない”時は太陽の位置と自分の影で判断しましたが、昼時はお天道さんが真上にいるので困りました。曇りの日も。しかし、こんなことを「苦労」だとは思わず、知らない土地に来て坂道を探し歩くのだから、当然のことだと「楽しんだ」のでした。遠近両用メガネではないので、地図を見る時以外は鼻眼鏡のまま歩くので、もしかして「異様な風貌の高齢者の徘徊」に写ったかも知れません。 

 9)通行人や住民に道をきかない日は皆無でした。ですが皆さんは親切に教えてくださいました。そればかりではなく、「坂めぐりですか、それは結構なことですね」「気をつけて行ってください」などの声もかけられました。嬉しくて涙が出るほどでした。こうした有難いことがあったればこそ、50回・500坂達成ができたのだと思います。この場を借りて、ご迷惑をおかけし、お世話になった多くの皆様に、心からお礼を申し上げます

 10)単なる坂めぐりと写真撮影だけと違い、写真入りの文章を作成してグログ投稿するのは結構大変なことでした。「大変」とはいうが、実はそれは苦痛ではなく、心地よい励みにもなったのです。楽しみながらのブログ作成でした。写真を何枚も撮って来たのを整理して、間違いなくその坂の項目に入れるのは、一番「大変」でした。何しろ、カメラからパソコンに取り込んでも、坂は写っているが坂名は入っていないからです。正確で綿密なコース設定は不可欠でした。

 しかし実際には、現地でコース変更せざるを得ない場面もあり、「坂めぐり+ブログ投稿」は大作業でした。その日の分はその日に投稿したいために、夜中の0時までかかることもありました。たった1分の差で、翌日の日付になったことが、一回だけですがありました。今回の坂めぐり最終回にも遭遇した(写真アップ量の制限からくる)、ブログ原稿作成日と投稿日が離れたのは3、4回ありました。 …………………………………………………………………………………………………………

 感想や書きたいことは山ほどありますが、とりあえず「10ヶ条」にまとめてみました。

 なお、坂めぐりの記事の最終投稿は6月1日です。当日の午後には大丈夫かと思います。ご覧いただければ有り難いです。

                 ………………………………………………………………………………

                 『秀樹杉松』94巻2607号 2018-5-19,  #blog<hideki-sansho>247

                 ………………………………………………………………………………

プロ野球と大相撲

 <坂めぐり>は50回・500坂で終了としましたが、写真アップの月間容量制限により、ブログへの投稿は2週間後(6月1日)となりました。写真抜きでの投稿もあり得ますが、記事と写真は一体のものだと考え、公開を延期しています。

 一つ二つだけ、予告させていただきます。場所は東京杉並区内の17坂です。最終号を飾るにふさわしい坂だと思います。坂だけでなく、周辺の史跡などを併せて観て回るのが『秀樹杉松』<坂めぐり>の特徴ですが、最終回はこの面にも力を集中しました。このため、1回=1日の原則を初めて外し、ちょこっとですが二日目も行ってきました。

 例によって、私は文献(ネット情報)を引用するのを基本としていますので、ある種の軽い“論文”みたいになったかも知れませんが。Wikipediaだけでなく、なるたけ個人のブログ情報や団体のHPにも目を配るようにしています。皆さんのブログ投稿などに敬意と感謝を払いつつ、貴重な努力の結晶を引用紹介したいからでもあります。

 『秀樹杉松』のプロフィール欄に「プロ野球・大相撲」も挙げている手前、ちょっと覗いてみました。

 プロ野球

 相変わらず西武広島が首位を走っています。2位に日本ハム巨人がついているのには、正直驚いています。大谷を欠いたというのに、日本ハムソフトバンクと2位争いしているのは立派でしょう。巨人は例年のことながら、強いのか弱いのかわからない球団。DeNA阪神とで2位争いを演じてているようですね。

 エンゼルス大谷選手は、昨日のアストロズ戦で2番指名打者で出場し、4打数無安打3三振に終わり、5試合連続ヒットはならなかったようです。相手の投手は最強らしく、大谷は「野球をやってきて打席で見た一番速い球。ここまで品のある球というか、スピードも経験したことがない」。正直に脱帽したようですが、大谷のことだから、次には打ってくれるかも。

 <大相撲>

 関脇栃ノ心が5戦全勝で、大関昇進が実現しそうな勢いですね。同じ関脇逸ノ城と小結遠藤も健闘し、白鵬は立会いの例の一手復活で優勝を狙っている?十両貴ノ岩の5勝にもホッとしています。ヒラ審判の貴乃花親方はやはり人気があるようで、これまたホット。いずれにせよ、過般のゴタゴタ以来私の大相撲熱は冷え切っているようです。さて大相撲の未来や如何に?

   …………………………………………………………………………………

          『秀樹杉松』94巻2606号  2018-5-18,  #blog<hideki-sansho>246

         …………………………………………………………………………………

坂めぐり(第50回 = 最終回 = 2018.5.15-16) ~ ブログ投稿 “お待たせ” 号 ~

 半年間続いた「坂めぐり」は、5月15~16日の第50回で終了となりました。巡り歩いた坂数はちょうど500坂。「50回500坂」はあまりにも区切りがいいので、ちょっと説明します。

 

 この数字はある意味偶然で、ある意味必然です。打ち止めの50回目は2日間にわたりましたが、それ以外は全て1回=1日でした。時により、場所によってバラツキはあったが、大体は「1日10坂」でした。ですから、50(回)=500(回)は必然といってもいいでしょう。

 

 41回=41坂(良い回数=良い坂数)で終わろうとしましたが、まだ重要箇所が残っているので、あと何回か巡ろうと思い直しました。その時先が見えたので、「おそらく50回=500坂かな?」との思案が浮かび、今回実際その通りになりました。50回も500坂も、どちらも過不足ない妥当な線に落ち着いたのだと思います。幸い事故もなく有終の美を飾れたと、胸をなで下ろしているところです。

 

 「有終の美を飾れた」と書きましたが、それは「坂めぐり」のことです。しかし、ブログへの投稿は2週間“お待たせ”とせざるを得なくなりました。ブログへの写真アップの容量に毎月制限があり、今月すでにその容量に達したからです。

 

 残念ではありますが、それだけ多く今月はアップしたから当然のことです。この制限があるからこそ、無理が避けられたのです。かえって有難いと思っています。少々“恰好が悪い”ですが、どうぞお見逃しください。

 

 2週間後の6月1日に、<坂めぐり>締めくくりとなる、50回500坂に相応しい内容のブログをお届けします。/ Atelier秀樹

 

 追伸 坂めぐりに集中するあまり、ほかのことに目を瞑ってきました。溜まっているので、次号から少し書いてみることにします。

            …………………………………………………………………………………

    『秀樹杉松』94巻2605号  2018-5-16,  #blog<hideki-sansho>245

           …………………………………………………………………………………

 

坂めぐり(49回=2018.5.13)杉並区荻窪界隈。 ~ 兼吉つあん坂・稲荷坂・薬罐坂・豆腐屋坂。【番外編】堂前坂。 ~四面道・神明橋・置田橋・本村橋・荻窪橋・境橋・光明院。

 いよいよ大詰めを迎えた「坂めぐり」第49回は、杉並区荻窪界隈の四つの坂(稲荷坂・兼吉つあん坂・薬罐坂・豆腐屋坂)へ行ってきました。庶民に密着した名前の坂ばかりでした。ついでに、昭和初めに消滅したとsakagakkai.orgに記載されている、「堂前坂」(どうめえざか)の痕跡を訪ねて、環八通り善福寺川と交わる周辺も見てきました。それと、「堂前坂」や「荻窪」の由来といわれる「光明院」も訪ねました。

 下調べを十分にしたつもりでしたが、今日も散々道に迷い、少なからぬ方々のヘルプを賜りました。なんとか日程を終えて帰宅してスマホを見たら、2万歩が記録されていました。 /Atelier秀樹

続きを読む

大谷選手と西武ライオンズ。そして「総理」=「首相」

 1)久しぶりでスポーツ新聞を買って読みました。大谷の記事が1面に踊っている「ニッカン」を選んだ。記事によると、大谷投手はツインズ戦に5番指名打者で出場し、7回の第4打席で5号ソロを放った。パワーあふれる打撃に、現地では「日本人選手として初めてとなるMLBオールスターでの、ホームランダービー選出もささやかれ始めた」そうです。すごいですね。

 

 2)同紙5面には、ロッテが12-3で西武に大勝したゲームが、大げさに取り上げられている。つまり首位を独走する西武から13.5ゲーム差で5位のロッテが、打線爆発で首位西武に勝ったからである。見出しがふるっていて、「12点山賊狩り 海賊M打線」とある。ロッテの“海賊”、西武の“山賊”のどちらも私には初耳。ニッカンだけの呼び名か、球界・スポーツ紙では周知なのかも知れない。プロ野球ファンだと自負しているが、「坂めぐり」に目が行って、野球に疎くなっているのかな?やはり、スポーツ紙は時々読まないといけないようです。

 

 3)それはともかく、西武の強力打線は確かにすごい!秋山ー源田ー浅村ー山川ー森ー外崎と続く打線の破壊力は、確かに“山賊”の怖さが感じられる。その証拠に、打撃ベストテンにこの上位打線6人が名を連ねている。秋山.348、源田.317、浅村.307、森.304、山川.301、外崎.287。そういえば、この“6人の侍”に二人の山(秋山・山川)がいますが、「山賊」に関係があるかないか、知っている方(西武ファン)はご教示ください。それとも、単純な千葉の海と埼玉の山との対比ですか?

 

 4)ところで、元総理秘書官(首相秘書官)の参考人招致が行われた。なんのことはない。会ったという記憶は明確ではないそうです。「私の記憶にも限界がある」と釈明しているが、そんなことで総理秘書官が務まりますか?今のポストの次は「次官」ですよ。困ったものですね。

 挙げ句の果て、「首相案件」という言葉は使わない、総理案件なら・・・、と嘯いているのには呆れました。

 

 5)「首相」と「総理」は全く同義で、国会では「総理」が多く使われ、マスコミでは両方が使われているように思う。いや、「首相」が多いかな。もっともNHKでは「〇〇総理大臣」と放送しています。以前は、吉田首相・鳩山首相とかのように、「首相」が主流(いや、全部?)でした。塩梅辛酸騒狸の忠実な僕?に見えるその放送局は「塩梅総理大臣」と長々と呼んでいる。いっそのこと「塩梅内閣総理大臣」と、もっと長い正式名称で呼んだらいかがかな?さらに偉そうに響きますよ。

 

 6)「総理大臣」「総理」は正式名称「内閣総理大臣」の略称です。日本の「首相」は「内閣総理大臣」(略称:総理大臣・総理)です。世界に目を向けると、国によって正式な呼称は様々です。だが日本では、外国については「首相」と一般化した名称で呼んでいます。英語ではprime ministerで、首席大臣(首席閣僚)または第一大臣(第一閣僚)のことで、内閣・閣僚会議の首席・議長・ナンバーワンなどを指しています。「内閣総理大臣」は「日本の首相」です。だから、「総理大臣・総理」という正式な呼び方と、「首相」という世界共通の呼び方の双方が使われているのです。つまり、総理(総理大臣)=首相です。

 

 7)ですから、知事側の文書に「首相案件」とあったとしても、実際には秘書官が「総理案件」と言ったのを、記録を取った役人が、地方では普段から総理のことを首相と呼んでいるので、「首相案件」と意訳して書き留めた可能性、は十分あると思います。真偽の程は不明ですが、「総理秘書官(首相秘書官)」は、これ幸いと、「首相案件という言葉は使わない」などと弁解する逃げの手を考えたのでしょう。いずれにしても、「首相案件=総理案件」なわけですから、秘書官の発言は実際にあったように、私には思えてなりません。現に、知事側も名刺などを示して、面談は実際にあったことを主張しているではないですか。

  ………………………………………………………………………………

       『秀樹杉松』94巻2603号  2018.5.12,  #blog<hideki-sansho243

      ……………………………………………………………………………….