秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

天文

今年の「中秋の名月」にちなんで

昨夜は「中秋の名月」でしたが、あいにく雲がかかって良くは見えませんでした。一日前の一昨日の夜はよく見えたので、「中秋の名月」の前夜の名月を十分堪能しました。 .............................. 旧暦(太陰太陽暦)では、1月~3月が春で、1月が初春、…

見事な「早朝の虹」 ~ ”早起きは三文の徳”?

今日は早朝のシルバー就業なので、5時半に自宅を出ました。 少し歩いたところで、何気なく西空を見たら、大きな虹がかかっていました。日の出から30分ぐらいしか経っていないはず。こんな虹を見ることは滅多なことではできない!うまい具合に、スマホを携…

立春、”春一番” ~「 春はあけぼの」 / 清少納言『枕草子』

東北の寒村に生まれた自分は、”ズーズー弁”で育った。小学校(当時は国民学校初等科)で標準語に接したのが最初の、中学校に進学して英語に遭遇したのが第二の、日本の古典・古文を学んだのが第三の、「カルチャーショック」でした。 ......................…

2021新年の<シルバー就業>の始まり〜夜明け前の美しい下弦の月と明けの明星(金星)!

毎朝5時起床の習慣ですが、この年末年始の6日間は<シルバー就業>がなかったので、6時や7時に起きたりのんびりしました。連休最後の正月3日は、久しぶりで5時前に起きて早朝散歩に出かけ、1時間ばかり善福寺川縁を散歩しました。 外は真っ暗闇で、しか…

「夜明け前」「朝飯前」「シルバー」「善福寺川」

四つのキーワード並べると、掛け合わせ検索の感じですね。さて、何を検索? 夜明け前といえば島崎藤村の『夜明け前』。朝飯前といえば簡単なこと。シルバーといえば銀・老人。善福寺川は知らない方が圧倒的、でしょうか。 本稿で取り上げる夜明け前は、藤村…

作夜(11月30日)の「半影月食」、(うっかりして)観るの忘れました。慌てて、今朝の夜明け前の満月を観ましたが、とっても綺麗でした!

70年前の「天文少年」時代を回顧しながら、このところ月と火星・金星・木星・土星・水星などに注目して観測し、本ブログ<秀樹杉松>にも観測結果を投稿してきました。 その仕上げは、昨夜(11月30日)の満月と「半影月食」のつもりでした。手帳にもカレンダ…

火星の準大接近と、火星と月とのランデブー ~ 2020/11/26 宵

2年前の2018年は、15年ぶりに火星が地球へ大接近。そして、 今年2020年は火星が「準大接近」。2年前の大接近は観測しなかったが、今回の準大接近は注目しながら追っています。天文専門誌『月刊星ナビ』によれば、今回より大きな火星を見るには、13年後の2033…

月と木星・土星・金星の競演(11月19日夜)〜 秋の天体ショー

<秀樹杉松>前号で「木星・土星・月」の接近を紹介しました。 昨夜は西の低空に、木星と土星が仲良く並んでいるすぐそばに月が接近しました。少し離れた東空高く、火星が赤く光っていました。 この3惑星と月だけでも素晴らしかったが、その中間点にペガス…

1)金星とスピカ(乙女座α星)の接近 2)木星・土星と月の接近 〜 秋の天体ショー

本号では、秋の天体ショー2つをお届けします。 …………………………………………………… 1)金星とスピカ(乙女座α星)の接近 今日はシルバー早朝就業の日。5時20分に家を出て就業先に向かうが、金星とスピカが接近することを知っていたので、東の低空を見たら、確かに金星…

惑星同士の接近、惑星と月の接近など、ワクワクする「魅惑の星」と月の天体ショー!

水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8天体を「惑星」と呼びます。近代以前は、天空を動く太陽・月も惑星とされ、日曜日・月曜日」はその名残なそうです。逆に、地球は惑星ではなく、宇宙の中心・土台であると考えられていたので地曜日は…