秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

コロナ

本来なら「フレーフレー(2020)日本!」の年でしたが、コロナの年に終わりました。しかも、「2のつく年」に。今年の暗証番号は「967」(9+6+7=22)に決定!

前号で今年は結局コロナ(567、967)で終わったこと、を書いてブログ<秀樹杉松>に投稿しました。「今年のブログはこれで終わった。川歩きでもしようか」と、近くの神田川へ出かけ、1時間余り歩きました。だが、歩き出して先刻のブログの内容を「反芻」し…

2020「今年の暗証番号」は、567? 967?

2020年(令和2年)も今日で終わりますが、 今年は「コロナ」「コロナ」で明け暮れました。「新型コロナウィルス」と長い呼び方が正確なようですが、まあ一般にはコロナで通用します。 2020「今年の漢字」は「蜜」と発表されました。因みに2位以下は、禍・病…

「夜明け前」「朝飯前」「シルバー」「善福寺川」

四つのキーワード並べると、掛け合わせ検索の感じですね。さて、何を検索? 夜明け前といえば島崎藤村の『夜明け前』。朝飯前といえば簡単なこと。シルバーといえば銀・老人。善福寺川は知らない方が圧倒的、でしょうか。 本稿で取り上げる夜明け前は、藤村…

「菅笠」(すげがさ)とは、どんな笠? ~ 「菅笠総理」には”庶民宰相”を期待!

前号に続いて、「菅笠総理」の GoTo一時ストップ に追加投稿します。 私の感想としては、この決断を当然だと思い、(支持率低下もあり)ギリギリの段階で総理は決断するかも、でした。 しかし今日のテレビみたら、「ありえないことだと思っていた」司会者や…

GoTo 、2週間後に一時停止(12/28~1/11)~  追い詰められて、仕方なくやっと? 〜 頑張れ「菅笠総理」!

3号前(12/12)の<秀樹杉松>で、「情けないGoTo総理」「Go to Akita!」と書きました。同じ東北出身者としての、<菅笠総理>へのやむに止まれぬ”叱咤激励”でした。 全国一律の年末年始のGoToストップ。支持率の急低下で追い詰められた遅い決断でですが、…

Go to Akita! ~お粗末な政府のコロナ対策、情けない“GoTo総理”

東京・大阪・北海道など、コロナ感染者は急速に拡大している。自治体の首長さんたちは懸命に取り組んでおり、GoToの停止を求める声が広がっている。政府のコロナ対策分科会も「GoTo 停止」を提言している。 ともかく一時停止でもいいから「今は停止を!」に…

コロナ感染者、一日で1264人。~東京(250人)、大阪(221人)、愛知(167人)、福岡(101人)。~岩手でも初の感染者!

(写真:Atelier秀樹) 新型コロナウィルスの感染者が急増している。東京だけが注目されがちだが、大阪、愛知、福岡などの大都市への拡大が進んでいる。特に大阪は一気に200人台に突入、人口比にすると東京を上回った。「Go To」の結果とみていいだろう。 明…

朝ドラ「エール」、羽鳥慎一モーニングショー、など、最近のテレビ視聴から。

(写真:Atelier秀樹) “コロナ禍”で、私の早朝散歩(神田川・善福寺川)が続いています。三日に一度はシルバー就業(朝6時~8時)するので、正確には毎日ではなく「3日に二度」ということ。シルバー就業も巡回が主なので、距離や時間は多少違うが、まあ…

【新コロ】「新型コロナウィルス」対策・緊急事態宣言が全面解除!

「新型コロナウィルス」対策として、4月7日に5都道府県(北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川)に緊急事態宣言が発せられ、4月16日には対象が全国に拡大されました。そして、今日5月26日に全面解除されました。実に、49日間の宣言下の生活でした。 昨日…

今朝の「神田川」散歩から ~『秀樹杉松』3000号記念!

『秀樹杉松』3000号記念 特集 近くの「神田川」と「善福寺川」の早朝散歩を続けています。実は、この二つの “兄弟川”(私が勝手に命名)は、水源は「井之頭池」「善福寺池」と異なりますが、中野区西部で合流します。合流地点での水量はほぼ同量ですが、善福…

【コロナ読書】カミュ『ペスト』を読む。コロナとの闘いをしながら、ペストとの壮大で激烈な闘いを偲びました。

2020-02020-05-15 1)カミュ『ペスト』(宮崎嶺雄訳、新潮文庫)を、やっと読み終えました。初めて読むノーベル文学賞作家カミュの小説、しかも歴史的巨編とも言える『ペスト』への挑戦。正直、読むのに苦労し、時間もかかりましたが、読んでよかったです。…

【新コロ】善福寺川を歩く ~新コロナ対策で、早朝の善福寺川を歩いています。

毎朝6時台に、神田川・善福寺川を歩いてます。昨日の神田川に続いて、今朝の善福寺川歩きの写真を掲載します。どうぞご覧ください。神田川・善福寺川お近くの方、ご一緒に歩きませんか。 ........................................................ ……………………

【新コロ】 神田川を歩く ~コロナ在宅で、早朝は神田川を散歩しています。

「秀樹杉松」1週間休みました。最近Facebook(入ったばかり)のチェックにちょっと時間をとられたり、カミュ著『ペスト』の読みに苦労?しているせいかもしれません。「Atelier秀樹さん、コロナに感染でもした?」と思われたかも。元気で、 神田川と善福寺…

石原愼太郎『老いてこそ生き甲斐』を読む。芥川賞『太陽の季節』「xxxで障子に穴...」、"太陽族" ”慎太郎刈り”...の石原慎太郎さんも今や88歳。

石原慎太郎『老いてこそ生き甲斐』 (幻冬舎 2020.3刊) 石原慎太郎氏といえば、『太陽の季節』(芥川賞受賞)、『狂った果実』。 “太陽族”、「...障子に穴...」、“慎太郎刈り”、、、色々ありました。

【新コロ】 神田川・善福寺川の早朝散歩  ~「健康対策を兼ねたコロナ対策」~ 語呂もいいです。

Golden Weekですが、今年は歴史に残る Corona Week、STAY HOME Week? 1週間前の『秀樹杉松』4/25号で、「早朝の川散歩」をお伝えしたとおり、昼は(原則)在宅し、早朝に神田川・善福寺川を散歩しています。

【コロナ読書】 五木寛之『大河の一滴』を読み、強い衝撃と深い感銘を受けました。~「人はみな大河の一滴」

五木寛之『大河の一滴』(幻冬舎 2020.3.30 第44刷 発行) 若いころ夢中で読んだ五木寛之『さらばモスクワ愚連隊』『青春の門』。昨年秋には『青春の門』が40年ぶりに復活して『新・青春の門』第九部漂流篇が発行され、本ブログ「秀樹杉松」2019.12.05号に投…

【コロナ在宅】司馬遼太郎『燃えよ剣』を読む。~「新選組副長・土方歳三の苛烈な生涯を描く! 5月22日 映画公開  岡田准一主演、原田眞人監督」(表紙カバーより)~

司馬遼太郎『燃えよ剣』(新装版) / 文藝春秋刊 2020.4 .................................... “コロナ外出自粛”で遠出は避ける。歩いて10分の書店に出かけ、いつものように新刊書コーナーのぞいたら、司馬遼太郎『燃えよ剣』がありました。司馬さんの本はあ…

【コロナ】STAY HOME ~ 早朝に近くの川(神田川・善福寺川)を散策し、昼は在宅しています。

4月7日からの「緊急事態宣言」から19日目。今日から連休明けの5月6日まで、東京都の「STAY HOME 週間」(~5/6) 。小池都知事の都民への訴え「STAY HOME, SAVE LIVES 」は、簡潔で分かりやすく、説得力がありますね。直接には都民対象ですが、首都圏は…

重松 清『ひこばえ』(上・下) を読みました。〜両親離婚、父家出、母再婚、二人の父親、実父死亡、孫誕生。“ひこばえ”を考えました。

“コロナ外出自粛/Stay Home”とはいえ、終日在宅は耐えられない。近くの書店へ行って新刊書コーナーを覗いたら、分厚い上・下2冊本の『ひこばえ』に目がいきました。書名の「ひこばえ」に一瞬「何?」と思ったが、直ぐ「ああ、あれか」。だが、この書名だけ…

コロナepisode:「いつも何してる?」,「暇してる」 ~ 祖父と高一孫の LINEから~

“コロナ休校”が続いています。大人も身の置き所がなくて困っているが、児童・生徒は在宅が強いられ、本当にかわいそうですね。孫が近くに住んでいても、感染が心配で長期間会えない状態です。

コロナとの闘い「戦争」か? / 「第3次世界大戦」か?

コロナ(正確には新型コロナウィルス)との闘いを「戦争」と呼ぶのが広がっています。

コロナ感染者ゼロの岩手県 ~ “後進県”は、いまや “コロナ感染後進県” で面目躍如、がんばれ!

新型コロナウィルスが、全世界に、全国に拡大を続けています。東京や大阪などの7都府県には緊急事態宣言が発せられ、いわゆる“先進府県”は重大な危機に直面しています。

風に揺れる花・木・草 / 地球は・人類はコロナに?

風雨が激しい。木の花・葉・枝、そして、草花も雨に打たれ、風に揺れている。そして地球は、人類は、いま、、、。 ....................................................................... 写真撮影:Atelier秀樹 ......................................…

【写真大特集】うたごえ喫茶<ともしび>(新宿) / <ふらっと b おんがくたいむ> (練馬)

新宿も練馬も“コロナ”でしばらく行ってないので、私が撮影した<新宿ともしび>の写真(ここ1年間に撮影した分)のいくつかをブログに投稿することにしました。