秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

『プーチンとロシア革命』〜百年の蹉跌(遠藤良介著)を読む

 

 

IMG_8352.jpeg

遠藤良介著『プーチンロシア革命』〜百年の蹉跌 河出書房新社・2022年増補版

.......................................................................................................

 ○書店でプーチンロシア革命という本を見つけた。書名からみて”プーチン持ち上げの本”かと思ったが、表紙のカバーや帯を見たらそうでもなさそうだ。

著者は産経新聞・前モスクワ支局長「遠藤良介」氏で、「歴代最長連続11年半モスクワ特派員を務め、対日制裁で入国禁止リストに入った筆者が、プーチンの歪んだ歴史観とその過ちの真相に迫る!」とある。さらに「プーチンのロシアを知り尽くした遠藤良介氏にしか書けない傑作。ロシアを知るための必読書』とも。

………………………………………………………… 

 

 ○本書《前書き》で、著者の遠藤良介氏は、以下のように書いています。

「日本人記者として歴代最長の連続11年半、モスクワ特派員としてロシア・旧ソ連地域の報道に携わってきた筆者が、プーチンとその体制について、歴史の中に位置付けて究明し、解説しようと試みたものである。」

「本書は、世界初の社会主義国家・ソ連を誕生させた1917年のロシア革命にまで遡り、読者と共に100年の歴史の旅を行うことに特色がある。……このようなアプローチを取ったのは、ロシアという『異質な国』を理解する上で、歴史と現代を行き来して検証する作業が欠かせないと考えたからである。」

…………………………………

 

 ○巻末の「ウクライナにて」(p.256~263)では、次のように締めくくられています。

2022年2月24日、ロシア軍が隣国ウクライナの各地にミサイル攻撃を始め、十数万人といわれる大軍が三方向から一気に攻め込んだ。この一報を聞いたときの衝撃は忘れられない。……いま一つ、今回のウクライナ侵略で予想外だったのは、総合戦力で大きく劣るウクライナ軍の大善戦である。……筆者はこのタイミングをみて4月18日にキーウに入った。」

プーチンは、戦争ではなく”特別軍事作戦”と称してウクライナ侵攻を始めた。三、四日でキーウを攻略し、ゼレンスキー政権を転覆させられると踏んでいた。本来のウクライナ人は親露的なはずであり、米欧の傀儡政権であるゼレンスキー政権さえ排除すれば、ウクライナは自然とロシアに回帰する。当初、プーチンはこう思い込んでいたと見られている。」

プーチンウクライナ人の国民性を完全に見誤った独立と自由に賭けるその気概を理解せず、『偉大なロシア』の再興を身勝手に夢想した。独裁的な統治が長期化し、プーチンに諫言できる側近が誰一人いなくなっていた。そうして起きたのがウクライナ侵略の悲劇に他ならない。」

「正常な政権交代が望めないロシアを待ち受けるのはクーデターか、革命か。内戦の可能性すら否定できないと筆者は考えている。この戦争が終わってウクライナが復興に歩み出すとき、ロシアは再び歴史的な激震に見舞われているのかもしれない

 〜本書の最終ページ p.263

…………………………………………………………………

<編註>

 ○本書の副書名(サブタイトル)”百年の蹉跌”に注目。

「蹉跌」(さてつ)=①つまずくこと。②転じて、物事がうまくいかなくなること。しくじること。

  ~『国語大辞典』(小学館)

 

………………………………………

写真 / Atelier秀樹

………………………………………

『秀樹杉松』133巻3995号 2022.9.29/ hideki-sansho.hatenablog.com #1035

中山七里 ~1)地名、 2)「中山七里」を題する作品

 

 

前項で、「中山七里というペンネームが素敵」と書きました。どこかで・いつか聞いたような名称だったからです。情報検索したら、”ヤッパリ”でした。そこで、昨日の前号に引き続いて本稿を書くことになりました。

…………………………………………………………………………………

 

 ~以下は、フリー百科事典ウィキペディア(ja.m.wikipedia.org)』より

 

pastedGraphic.png

中山七里の風景

………………………………………………

 

中山七里(なかやましちり)は、阜県にある飛騨川中流渓谷。またそれを題材とした文芸作品

..........................................

概要

 岐阜県下呂市を流れる木曽川支流の飛騨川中流に沿って、下呂市三原の帯雲橋(たいうんきょう)から同市金山町金山の境橋にかけて続く、全長約28キロメートルの渓谷

 ○急峻な山地を飛騨川が浸食してできた渓谷で、奇岩や怪石が数多くあり、また春は桜や岩つつじ、夏はホタル、秋は紅葉と、四季折々の風景に富む観光名所となっている。

 ○付近の下原ダムはこの渓谷の景観を守るため常時放水を行っている。飛騨木曽川国定公園の一部に指定されているほか、飛騨・美濃紅葉三十三選にも選定されている。

 ○名称の「中山七里」は、豊臣秀吉の武将で飛騨一国の国主となった金森長近が、五つものを越える旧道がいかにも不便なことから、天正14年 (1586) に飛騨街道の改良に着手、現在の下呂から金山にかけて続く険しい山中の飛騨川沿いの難所を約七にわたって開いたことに由来する。

……………………………………………………

「中山七里」を題する作品

戯曲

長谷川伸時代物戯曲。1929年(昭和4年)10月『舞台戯曲』十月号に発表された、「股旅物」の傑作。幾度も舞台化、映画化、テレビドラマ化された。

 

新歌舞伎

1929年(昭和4年)10月、新橋演舞場初演。政吉は六代目尾上菊五郎が務めた。1946年(昭和21年)11月大阪新歌舞伎座の東西合同大歌舞伎で上演された『中山七里』では、二代目市川莚蔵が娘おはなで初舞台を踏んでいるが、これが後の市川雷蔵である。

 

映画

3作品がある。

 

テレビドラマ

1972年(昭和47年)10月に始まったNET長谷川伸シリーズ』の第4話。制作:NET、東映、監督:原田隆司、脚本:加藤泰、政吉:竹脇無我

 

謡曲

 ~以上、『ウィキペディア(ja.m.wikipedia.org)』より

.............................................................................................

<編注>

スマホ橋幸夫さんの「中山七里」たった今 視聴、なんかホロっとしました。

………………………………………

写真 / Atelier秀樹

………………………………………

『秀樹杉松』133巻3994号 2022.9.25/ hideki-sansho.hatenablog.com #1034

中山七里著『さよならドビュッシー』など、”音楽ミステリー小説”を読んで、感動しました!

 

 

『さよならドビュッシーは、中山七里さんのこのミステリーがすごい!」大賞受賞作です。受賞作を含む ”音楽ミステリー”(岬洋介シリーズ)6冊を読みました。書名に有名なクラシック作曲家の名があるので、クラシック音楽ファンの私はすぐに飛びつきました。

 

中山七里著:音楽ミステリー”岬洋介シリーズ”(宝島社刊)

IMG_8339.jpeg

IMG_8337.jpeg

『さよならドビュッシー~2010年単行本、2011年同文庫

『おやすみラフマニノフ~2010年、2011年

『いつまでもショパン~2013年、2014年

『どこかでベートーヴェン~2016年、2017年

『もういちどベートーヴェン~2019年、2020年

合唱 岬洋介の帰還』~2020年、2021年

おわかれはモーツァルト~2021年12月(品切れ、出版社なし)、文庫版未発行

【註】

おわかれはモーツアルト』は文庫本未発行、単行本は売り切れ(出版社にもなし)とかで、未読です(したがって写真掲載もできません)。他の6冊は全部読みました。

…………………………………………………………………………

 

◉以下は、ウィキペディア(ja.m.wikipedia.org)の、

 中山七里プロフィール

 

○1961年、岐阜県生まれ。

 

○2009年『さよならドビュッシーで第8回このミステリーがすごい!」大賞を受賞。48歳での小説家デビューとなる。受賞作の他に『災厄の季節』** も同賞初のダブルノミネート。(**のちに『連続殺人鬼カエル』として刊行)

 

ペンネームは、本人の故郷に程近い岐阜県下呂市にある渓谷・中山七里(飛騨木曽川国定公園)にちなんでつけられた。

 

○明るく爽やかな音楽ミステリー路線、ダークでシリアスなサスペンス路線など幅広い作風の小説を手掛ける。

 

○どうしたら長く小説家として続けられるだろうと必死に考えた結果、警察小説音楽ミステリー、法廷ものコージー・ミステリなどさまざまなジャンルに手を出してある程度保っておけば、どれかひとつが廃れても生き残っていけるだろうと考えたからであったという。

 

『さよならドビュッシー』からはじまる ”岬洋介シリーズ” は、クラシック音楽を題材とした作品であるが、中山本人は音楽に関して素人であり、楽器も何も演奏できない

……………………………………………

<編註>

「中山七里」というペンネームが素敵で、48歳での作家デビューは素晴らしい。そして、”音楽ミステリー”の名作に、素直な感動を覚えました。多くの方に読まれることを願っています。(いや、既に読まれているでしょう。私が気づいたくらいですから、、、)

………………………………………

写真 / Atelier秀樹

………………………………………

『秀樹杉松』133巻3993号 2022.9.24/ hideki-sansho.hatenablog.com #1033