秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

『秀樹杉松』へようこそ!

f:id:hideki-sansho:20181012125541j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125606j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125557j:plain

 

ブログ秀樹杉松 

ひできさんしょう /  URL  https:// hideki.sansho.hatenablog.com)  

 秀樹杉松は、2013年7月創刊の『Atelier秀樹ノート』を改題したもので、通算3770号に達しています。(2021/4/19現在)

『秀樹杉松』は2361号(2017年8月)から、紙印刷をやめてブログへの投稿に切り替え、ブログは810号を数えています。(2021/4/19現在)

 

雑誌をイメージしてますので、様々なカテゴリーから成ってます。

読書・クラシック音楽・うたごえ・坂めぐり・川歩き・山歩き・プロ野球・大相撲・シルバー・政治・文化芸能・坂学会の活動・坂研究まねごと・ウォーキング etc.

 

秀樹杉松 坂めぐり親川記(しんせんき=川歩記) は、本ブログの一推しです。

 

 秀樹杉松 坂めぐり

 東京23区内の坂歩き(2017年11月〜2018年12月)の記録です。1年間に118出かけて876坂を歩き巡りました。(アクセスは、矢印右側の 坂めぐりをクリックすしてください)

  

 親川記 (しんせんき)

都内の37の中小河川歩き( 2013年3月〜6月)の記録です。川に親しんだので、「親川記(しんせんき)」と名付けました。3K(鴨・亀・鯉)と友達になりました。(矢印右側の 親川記 をクリックすると、アクセスできます。

 

 

                        / Atelier秀樹(2020/12/28更新)

............................................................ 

 

 『秀樹杉松』98巻2699号 2018-10-10  /  hideki-sansho.hatenablog.com #339

大谷翔平選手の「リニューアル二刀流」「ショータイム」が流行語大賞!〜スポニチが1面トップで報道

 

今年話題になった言葉に送られる

現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン

新語・流行語大賞の年間大賞に

「リニューアル二刀流/ショウータイム」が選ばれた。

................................

メジャーリーグで、投打に二刀流の歴史的活躍を見せて、ア・リーグのMVPに輝いたエンゼルス大谷翔平投手(27)の活躍が評価され、満場一致での選出。(スポニチ

.................................

 

f:id:hideki-sansho:20211202132904j:plain

 

コンビニの新聞コーナーを覗いたら、スポニチ」(スポーツニッポン)が、1面トップで大きく報道していました。ざっと見たところでは、どうやら「スポニチ」だけのようでした。

....................................

f:id:hideki-sansho:20211202133220j:plain
f:id:hideki-sansho:20211202133230j:plain

 

早速買い求め、本ブログで取り上げることにしました。大谷選手の人気の高さと、スポニチの1面トップ扱いの決断は大したものですね。

 

今日(2021/12/2)の「スポーツニッポン」紙の第1面の写真を掲載しました。ご覧ください。

 

<編注>

今日 2021/12/02は、左右どちらから読んでも2021年12月2日なそうです(今朝のNHKラジオだったかで知りました)。なるほどホントですね。知りませんでした!

 

…………………………

写真:Atelier秀樹

…………………………

『秀樹杉松』126巻3859号 2021.12.2/ hideki-sansho.hatenablog.com #899

石井妙子『女帝 小池百合子』を読みました。

 

f:id:hideki-sansho:20211129102728j:plain

..........................................

このブログ『秀樹杉松』は、900号に垂(なんなん)としています。これまでは、何をどう書くかは ”自然体”で決まり、PCに向かうと躊躇することなく”筆”が運びました。

ところが、今回の『女帝  小池百合子を読む、は気が重いのです。

.......................................................]

f:id:hideki-sansho:20211129103907j:plain
f:id:hideki-sansho:20211129103917j:plain

 

私の読後感は、大抵の場合は「感動した」「勉強になった」「読んでよかった」となっています。しかし、今回はどう書くか逡巡します。本書は石井妙子さんの力作だと思います。しかし、読者の感想はさまざまかもしれません。

.......................................................................................................................

 

f:id:hideki-sansho:20211129103120j:plain

f:id:hideki-sansho:20211129103154j:plain

f:id:hideki-sansho:20211129103221j:plain

f:id:hideki-sansho:20211129103254j:plain

f:id:hideki-sansho:20211129103726j:plain

f:id:hideki-sansho:20211129103315j:plain

.........................................................

石井妙子『女帝 小池百合子は、比較的小さい活字の444ページにも及ぶ、文字通りの「労作・大作」(大宅賞」受賞) でしょう。書名の『女帝 小池百合子』をみた時は、小池さんに好意的な著作かと思いましたが、小池批判の本でしょう。

 

f:id:hideki-sansho:20211129104032j:plain
f:id:hideki-sansho:20211129104040j:plain

 

..................................................

実を申すと、本書は昨年の出版直後に読んだのですが、途中でやめた本です。最近、小池都知事が極度の体調不良で都庁を休んでいるとか、”重病説”があるとかの報道に接し、本書を改めて読んでみることにしたのです。

 

正直、今回も迷ったが結局読了しました。本書の内容には触れず、表紙カバー、口絵を少し紹介するにとどめます。関心おありの方はどうぞお読みください。

………………………………

<本書の構成>

序 章 平成の華

第一章 「芦屋令嬢」

第二章 カイロ大学への留学

第三章 虚飾の階段

第四章 政界のチアリーダー

第五章 大臣の椅子

第六章 復讐

第七章 イカロスの翼

終 章 小池百合子という深淵

あとがき

 

…………………………

写真:Atelier秀樹

…………………………

『秀樹杉松』126巻3858号 2021.11.29/ hideki-sansho.hatenablog.com #898

「東京ヤクルトスワローズ」が 日本一に! ~ 「オリックスバファローズ」を4勝2敗でくだし、日本シリーズを制覇!〜おめでとうヤクルト!

 

 

前年最下位からリーグ優勝を勝ちとったヤクルト、オリックス日本シリーズで対戦。互角の激戦を制して、

東京ヤクルトスワローズ」が ”日本一” の栄冠に輝きました。おめでとう東京ヤクルト! 東京都民としても嬉しい限り。

............................................

 

.......................................................

プロ野球、大相撲ファンの私は、こういう時は「日刊スポーツ」「スポーツニッポン」を買いますが、今回日本一になった「東京ヤクルト」は、かつて「サンケイ〇〇」という球団名だったのを思い出し、サンケイスポーツも買いました。

...................................

サンケイスポーツ2021/11/28  ↓

f:id:hideki-sansho:20211128133529j:plain

f:id:hideki-sansho:20211128133627j:plain

f:id:hideki-sansho:20211128133700j:plain

f:id:hideki-sansho:20211128133733j:plain

..................

ちなみにネットで調べたら、1960年代後半(10年続いた「国鉄スワローズ」の後)に「サンケイスワローズ」「サンケイアトムズ」「アトムズ」が存在したことが確認できました。

........................................................

「日刊スポーツ」(2021/11/28) ↓

f:id:hideki-sansho:20211128133827j:plain

f:id:hideki-sansho:20211128133851j:plain

f:id:hideki-sansho:20211128133921j:plain

…………………………

 

東京ヤクルトスワローズの紹介

 

三原脩監督広岡達朗監督の頃は「熱烈なヤクルトファン」だったことを思い出しながら、本号を寄稿します。本稿を書くにあたり、ヤクルトスワローズの歴史を少し調べてみました(ネット情報)。

 

<球団名>

1)1950年に「国鉄スワローズ」でスタートしたが、Bクラスや最下位が多く、球団名が目まぐるしく変遷しています。

国鉄スワローズサンケイスワローズサンケイアトムズアトムズヤクルトアトムズヤクルトスワローズ東京ヤクルトスワローズ(合計7つの球団名)

 

<監督>

2)当然ながら、監督も頻繁にかわっています。

西垣徳雄藤田宗一宇野光雄砂押邦信浜崎真二林義一飯田徳治中原宏別所毅彦小川善治三原脩荒川博広岡達朗佐藤孝夫武上四郎中西太土橋正幸関根潤三野村克也若松努古田敦也高田繁小川淳二真中満高津臣吾

 

球団70年の歴史で、実に25人が監督を務めています。成績が悪いので、どんどん差し替えるんですね。おかげで?有名選手が監督を経験することができた、という面もあるでしょう。しかし、もともと ”弱いチーム” なので、すぐに辞めさせられる監督も少なくなかったのです。

 

それでも、広岡達朗(1978)、野村克也(1992、93、95、97)、若松努(2001)、真中満(2015)、高津臣吾(2012)の5監督は優勝してますね。たまたま幸運だった?監督もいるかもしれないが、”名将”なるが故の優勝監督もいらっしゃるでしょう。(失礼! 5人ともみんな名監督だと思います)

…………………………

”講釈談義”はこの辺でやめます。今朝(2021/11/28)のサンケイスポーツ」「日刊スポーツ」の記事と写真(上掲)をご覧ください。 

 

…………………………

写真:Atelier秀樹

…………………………

『秀樹杉松』126巻3857号 2021.11.28/ hideki-sansho.hatenablog.com #897

明治維新 ~ 【第一部】維新の煌めく群像、【第二部】津田左右吉『明治維新の研究』の「サイゴウ・タカモリ」論

 

 

f:id:hideki-sansho:20211124094859j:plain
f:id:hideki-sansho:20211124094910j:plain

 

このところ「政治」と「歴史」が多かったですが、この号の「明治維新」で締めます。

明治維新といえば知らない人がいないほど、日本歴史上の画期的な時代でしょう。視点・観点などでいろんな見方があると思います。その中でも関心が高い明治維新の煌めく群像」西郷隆盛」論を取り上げます。

…………………………

 

【第一部】維新の煌めく群像  ~ ネット情報から

 

1)維新の三傑 ~ ウィキペディア ja.m.wikipedia.org

  1. 西郷   隆盛薩摩藩 1827~77)

  2. 大久保利通薩摩藩 1830~78)

  3. 木戸   孝允長州藩 1833~77)= 桂小五郎

 

2)維新の十傑 ~ ウィキペディアja.m.wikipedia.org

  ・・・・・・・・・・・ 

  4. 小松 帯刀薩摩藩

  5. 大村益次郎長州藩

  6. 前原 一成長州藩

  7. 広沢 真臣長州藩

  8. 江藤 新平肥前藩

  9. 横井 小楠肥前藩

  10. 岩倉 具視(公家)

 

3)維新の十傑 〜 DIAMOND (diamonnd.jp)

   1. 後藤象二郎

   2. 木戸 孝允

   3. 小松 帯刀

   4. 江藤 新平

   5. 西郷 隆盛

   6. 大村益次郎

   7. 広沢 真臣

   8. 岩倉 具視

   9. 横井 小楠

 10. 大久保利通

 

 4)明治維新を引き起こした中心的人物15人  ~ ホンシェルジェ

    (honcierge.jp) 

 ・・・・・・・

 11. 伊藤 博文(最初の内閣総理大臣

 12. 高杉 晋作(壮絶たる男の生きざま)

 13. 坂本 龍馬(幕末の異端児で人気者)

 14. 吉田 松陰(奇人変人といわれた男)

 15.    海舟(粋な江戸っ子で龍馬の師)

 

 5)明治維新の重要な人物  ~ 歴史人history-men.com

  1. 坂本 龍馬

    2. 西郷 隆盛

    3. 大久保利通

    4. 木戸 孝允(桂小五郎

    5. 高杉 晋作

    6. 徳川 慶喜

    7. 岩倉 具視

 

 6)幕末・維新の人々 (1) ~ 国立国会図書館ndl.go.jp

  1. 吉田 松陰

    2. 坂本 龍馬

    3. 中岡慎太郎

    4. 高杉 晋作

    5. 藤田 東湖

    6. 木戸 孝允(桂小五郎

    7. 大山 綱良(格之助)

    8. 板垣 退助

    9. 三条 実美

  10. 岩倉 具視

 

7)幕末四賢候

 1. 松平 慶永(春嶽)福井藩14代藩主

   2. 伊達 宗城    宇和島藩8代藩主 

   3. 山内 豊信(容堂)土佐藩15代藩主

   4. 島津 斉彬    薩摩藩11代藩主

 

8) 歴史人物イラスト幕末・明治維新  〜 RICOH PrintOut (printout.jp)

   1. 徳川 慶喜

   2. 松平 容保

   3. 土方 歳三

   4. 桂 太郎藩士時代)

   5. 渋沢 栄一

   6. 南方 熊楠

   7. 東郷平八郎

   8. 陸奥 亮子  

   9. 桂 小五郎木戸孝允

 10. 西郷 隆盛西郷どん

 11. 坂本 龍馬

 12. 勝  海舟

 13. 大久保利通

 14. ペリー提督 

  

………………………………

f:id:hideki-sansho:20211124095053j:plain
f:id:hideki-sansho:20211124095102j:plain

..............................................................................

 

【第二部】津田左右吉の「サイゴウ・タカモリ」論  ~『明治維新の研究』から

 

秀樹杉松(11/8)で津田左右吉古事記及び日本書紀の研究』を取り上げました。今回は明治維新の研究』巻末の「おわりに―サイゴウ・タカモリ」を部分引用します。津田さんの西郷隆盛論をお読みください。冷静沈着で客観的な歴史家のサイゴウ・タカモリ論を。

f:id:hideki-sansho:20211124163653j:plain
f:id:hideki-sansho:20211124163747j:plain

f:id:hideki-sansho:20211124165804j:plain

………………………………………………

サイゴウ・タカモリは明治時代になってから、維新の元勲と言われ、一般には非常な英傑のように思われてきたらしく、いわゆる征韓論の実現せられなかったことを遺憾とし、または十年の役(西南戦争を起こした心事を種々に忖度して彼を弁護せんとするものもあった。(p.282)

もし初めから英雄視していないならば征韓論の実現せられなかったことは日本の幸いであったとも考えられようし、十年の役に失敗したのは、失敗を予想することができなかったほどに、当時の日本の情勢と彼みずからの能力とに対する明察が彼になかったからだとも見られよう。(p.282)

当時のサイゴウは思慮の周到な実行家ではなく、ある程度の空想的傾向を帯びているとともに、おのが欲するところに適合するような、または志を同じくするものから伝えられた風説をばその真偽を慎重に判断することなくして軽信する人物であったことが知られるようである。(p.285)

彼の外交に関する言葉が後までも浅薄軽浮なものであることを思うと、彼は当時の世界の形勢などはほとんど知らなかったのではないかと推せられる。(p.285)

f:id:hideki-sansho:20211124095407j:plain
f:id:hideki-sansho:20211124095418j:plain

彼が浪人輩と共通な思想を持っていたというのは、武力によってでも幕府に反抗しようとする点であり、心理的に共通の点があるというのは、自己及び自己に与するものの主張と行動とを正論正義とし、それに反するものを奸謀奸策とするところに、その主なるものがある。(p.286)

彼が維新の元勲と言われるに値する人物であったかどうかは知らぬが、

幕府の政権を顛覆させるためにはたらいた点において、維新という政治上の変革の行われる一つの力となったことは、承認せられるであろう。(p.296)

ただサイゴウのトクガワ氏の処置に関する意見には慶応四年になってから幾らかの変化があったようにも思われるので、それがカツ・カイシュウの働いたためであるかどうかはよし明らかではないにせよ、東征軍を東下させた時の考えとは変わってきたことがほぼ推測せられるようでもある。(p.296)

しかし明治時代になってからのいわゆる征韓の主張にも、また十年の役を企てたことにも維新前の彼の言動となって現れたのと同じ心理がそれにはたらいていたのではなかろうか。(p.296)

日本人とは全く異なる心理を持っている朝鮮民族に関する知識が彼にどれだけあったか、十年の役を起こすに当たって、彼は当時の日本が維新前に彼の行ったような権謀をはたらかせ得る情勢であると思っていなかったのか、あるいはまた彼は、部下などの報告するところを軽信して、われ一歩足を挙げれば天下の事忽ち成るという空想を抱かなかったか。(p.296)

要するに明治時代の彼も依然たる維新前の彼ではなかったか明治時代の彼の背後には依然として封建勢力としてのサツマがあり、その部下は服装と武器とを新しくしただけの昔ながらの武士であり、彼の行動にはどことなく明朗でない空気が伴っていたのではなかろうか。(p.296~297)

………………………

 

<編注>

カナ書きは原文通りに引用しました。本書『明治維新の研究』の「はじめに」の末尾に、以下のように書かれています。

付記

わたくしは人名や地名をカナで書くことにしているが、人名の漢字を当ててあることばのわかりかねる場合には字音で書き、また字音は普通の発音に近いカナで記す

 

…………………………

写真:Atelier秀樹

…………………………

『秀樹杉松』126巻3856号 2021.11.24/ hideki-sansho.hatenablog.com #896

今朝の善福寺川 ~早朝散歩はいいですね!〜「乃木坂46」10周年の写真も載せました。

 

私は東京杉並区を流れる「善福寺川」と「神田川」に挟まれた、散歩に適した地帯に住んでいます。両方の川名をまとめて”福田川”と愛称しています。

今朝も善福寺川を散策してきました。

..........................................

朝5時に起きて、いつものように朝刊に目を通し、ラジオ体操(You Tube)を済ませて、スマホの天気予報を確かめたら「降雨率80%」とあるので、”完全武装”して外へ出たら、全然降っていない。

途中で降るかもしれないので、傘を持って出かけました。杖をつく生活なので、両方は結構な労力となるのだが。

..................................................

朝6時ごろの善福寺川は薄暗い感じでしたが、でも願ってもない「早朝散歩」の絶景。写真撮ってきたので、何枚か掲載します。どうぞご覧ください。

 

f:id:hideki-sansho:20211122090057j:plain

f:id:hideki-sansho:20211122090108j:plain

f:id:hideki-sansho:20211122090118j:plain

f:id:hideki-sansho:20211122090126j:plain

f:id:hideki-sansho:20211122090135j:plain

f:id:hideki-sansho:20211122090144j:plain

......................................................

 

<付録>

コンビニでスポーツ紙(日刊スポーツ)買ってきたら、「乃木坂46」10周年の記事と写真が載っていたので、掲載します。

(川の写真よりも、こっちがいい方もいらっしゃる?)

f:id:hideki-sansho:20211122090205j:plain

f:id:hideki-sansho:20211122090211j:plain

…………………………

写真:Atelier秀樹

…………………………

『秀樹杉松』126巻3855号 2021.11.22/ hideki-sansho.hatenablog.com #895

週の始まりは日曜?それとも月曜?~カレンダーと手帳の違いはなぜ?

 

f:id:hideki-sansho:20211121125844j:plain
f:id:hideki-sansho:20211121125856j:plain

 

手元のカレンダー(壁掛け、卓上とも)を見ると、週の曜日のトップは日曜日です。これを見る限り、「週の始まりは日曜日で、土曜日で終わる」感じ。ところが、手帳は月曜日から始まる。この違和感は今に始まったものではありません。

 

週の始まりは何曜日なのか、②カレンダー(日曜から)と手帳(月曜から)はなぜ違うのか

ずーっと以前からの疑問でした。子供の頃から長年にわたって、「週は月曜日から始まる」、「土・日を週末という」と思っていたのですが、今のカレンダーをを見ていると、「日曜から始まり、金・土が週末」?

 

先日スマホで、「週の始まりは日曜日?月曜日?」と検索したら、同様の質問や回答がたくさん出てきました。「なるほど、疑問に思ってるのはオレだけじゃないし、いろんな解釈や説明があるんだな」と、得心しました。

 

<週の始まりは日曜日か月曜日か>の検索はすごく多いんですね。

検索件数 1430万件(0.57秒)と表示された。一千万件を超えている.。本件が重大な関心事であることの証拠でしょう。回答が出るのに1秒もかからないのも驚き。

……………………………

f:id:hideki-sansho:20211121125735j:plain
f:id:hideki-sansho:20211121125746j:plain

..................................................................................

 

検索結果はたくさんありますが、その中からいくつか紹介します。

 

1)レファレンス協同データベースcrd.ndl.go.jp)~国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービス

(提供館 吹田市立中央図書館)

質問

カレンダーの左端の曜日について。日曜始まりと月曜始まりがあるのは何故か(2017年)

回答

カレンダーが日曜始まりとなっているのは、キリスト教で、週の初めの日をキリスト復活の日(「主の日」)とし、この日(日曜日)から一週間を数えたことによる。

月曜始まりのカレンダーがあるのは、主に手帳関係で、週休2日制の導入の増加が影響したのではと思われる。

日本能率協会」のウェブサイトを見ると、「週休2日制の導入増加により土日を並びにした方が予定を立てやすいはず」として、ウィークリーを日曜始まりから月曜始まりに変更したとの記載あり。

……………………………

 

2)Google検索

1971年のISO(国際標準化機構)の勧告で、週の始まりは月曜からという規定ができ、月曜日から日曜日までを1から7の数字で表すようになった。

ヨーロッパでは、キリスト教の方々がたくさんいるにも関わらず、週の始まりを『月曜日』としている『ISO』の勧告に従って、1974年に“生活や実務上では、週の始まりを月曜日にする”ことになった。現在はEUに加盟する国のほとんどが、『ISO』の考え方を採用している。

……………………………

f:id:hideki-sansho:20211121130347j:plain
f:id:hideki-sansho:20211121130357j:plain

..................................................................

 

3)ニッポン放送 NEWS ONLINE

カレンダーには『日曜始まり』と『月曜始まり』の2種類があります。宗教的な考え方が影響していると言われている。例えばキリスト教の場合、週の始まりは『日曜日』。

日本の場合、明治時代にこの考え方が伝わってからは、カレンダーは“日曜日を始まりとしているもの”が多い労働基準法でも、就業規則など決まりがない限りは,“1週間は日曜日から始まって土曜日まで”という解釈。

……………………………………

 

4)総務省統計局

総務省統計局 統計図書館ミニトピックス 号外(stat.go.jp)

週の始まりは何曜日なのか?

カレンダーによって日曜日から始まるものと月曜日から始まるものとがある広辞苑では、週の始めは、日曜日を基本としつつも、月曜日と する考え方もあり、また、法令上の定義もみられないことから、要はキメの問題である。

「週末」の意識

NHK放送文化研究所の2018年調査によると、週末がどのように解釈されているかについては、

半数近くが「土曜と日曜日」(47%)、次に多いのが「金曜日の朝から月曜の朝まで」(18%)で、以下「金曜日と土曜日」(17%)、「土曜日のみ」(10%)などが続いており、人によってかなり違います。

………………

 

5)コトバ言葉 東京新聞 ~ TOKYO Web( tokyo.np.co.jp)

「週明けは何曜日?」

1988年の「改正労働基準法の施行について」では一週間は日曜からですが、日本産業規格(JIS)は国際標準化機構(ISO)にのっとり月曜始まり。日本以外では米国は日曜、欧州はISOに従い月曜始まりの国が多いとのこと。

 

要するに統一した決まりはないのです。「カレンダーが日曜始まりなのに『週明け』が月曜なのはおかしい」という人がいますが、「普通は月曜日を指す」(広辞苑というほかありません。東京新聞も月曜日です。

………………………

 

<編注>

バラバラもいいとこですね。「週は日曜から始まる」への固執が混乱のもと

1971年の「ISO勧告」で、(キリスト教圏にもかかわらず)ヨロッパが「月曜から」に切り替えたように日本(キリスト教圏ではない)もそうしたほうがいいのでは?

 

「手帳は月曜日から」になっているのだから、「カレンダーも月曜日から」にすれば、すぐ解決する問題ですね。 カレンダー界は、どうお考えでしょうか?

 ~それと、こういう庶民の声が岸田さんの耳に届くかな?

 

…………………………

写真:Atelier秀樹

…………………………

『秀樹杉松』126巻3854号 2021.11.21/ hideki-sansho.hatenablog.com #894

大谷翔平選手がア・リーグMVP!おめでとう!

 

 

MVPは20年前のあのイチロウさん以来、日本人2度目なそうです。しかも今回は満票での選出。すごいですね!

同郷の誼(よしみ)もあり、ことさら嬉しい。早速、今朝(2021.10.20)のスポーツ紙を買ってきましたので、紙面の記事と写真を掲載します。一般紙とは違いますので、どうぞご覧ください。

...............

 

スポーツニッポン

f:id:hideki-sansho:20211120101002j:plain

f:id:hideki-sansho:20211120101129j:plain

f:id:hideki-sansho:20211120101202j:plain

f:id:hideki-sansho:20211120101226j:plain

....................................


<日刊スポーツ>

f:id:hideki-sansho:20211120101708j:plain

f:id:hideki-sansho:20211120102027j:plain

f:id:hideki-sansho:20211120102050j:plain

......................

<写真> Atelier秀樹

........................

 

『秀樹杉松』126巻3853号 2021.11.20/ hideki-sansho.hatenablog.com #893