秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

『秀樹杉松』へようこそ!

f:id:hideki-sansho:20181012125541j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125606j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125557j:plain

 『秀樹杉松』は、2013年7月に創刊した『Atelier秀樹ノート』を改題した、不定期刊の雑誌です。6年余りにわたって、いろんな事を書きなぐっています2017年8月から、紙印刷をやめて、

ブログ『秀樹杉松(ひできさんしょう) hideki-sansho.hatenablog.com

として投稿し、ブログ投稿は #600を超えています。(2020年1月現在)  

雑誌ですから取り上げる主題は万般にわたりますが、メインコンテンツは「坂めぐり」「親川記」(しんせんき/川歩き)の2つです。どちらも足を使った“アウトドア”で、坂道と川を相手の、いわば自然との対話・触れ合いです。

 

坂めぐり

 → 坂めぐり

 

東京23区内の坂歩きを2017年11月から始めたました。坂歩きにとどまらず、当然に周辺の寺社、公園、学校、名勝旧跡なども立ち寄りました。1年1ヶ月かけて総計「118回・876坂」を歩きまわり、2018年12月23日に終了しました。歩くだけでなく、写真もいっぱい撮り、記事とともにブログ『秀樹杉松』に満載してあります。上記の矢印のついた青い文字 坂めぐりをリックすると、「坂めぐり」の記事がまとめて表示されます。(新しいものから順に)

  

親川記(しんせんき)

 → 親川記

 

タイトルは「川に親しむ」の意です。5年前に、都内の37の中小河川を歩きました。川と橋はもとより、流域の佇まいにも触れました。川縁は新緑や紅葉の木々に覆われ、美しい季節の草花に彩られます鴨、亀、鯉(3K)ともお友達になりました。矢印をつけた青文字 親川記 をクリックすると、川歩きの記事が出てきます。(新しいものから順に)

 

◉「坂めぐり」「親川記」『秀樹杉松』の力作(のつもり)ですので、“おすすめ”です。アクセスをお待ちしております。

もちろん「坂めぐり」「親川記」という二つの「紀行」以外にも、

他のカテゴリーの記事、

読書、クラシック音楽プロ野球、大相撲、ウォーキング、うたごえ、文化芸能、政治、カレントトピッス、坂研究、自然、山歩き ....など、盛り沢山です。アクセスをお待ちしております。

 

 

>この『秀樹杉松』へようこそ は、トップ記事に固定してありますので、いつも真っ先に表示されます。通常の記事は、下へスクロールすると出てきます。/ Atelier秀樹

 

 『秀樹杉松』98巻2699号 2018-10-10  /  hideki-sansho.hatenablog.com #339

[一緒に歌おう!]ともしび YouTu部 。若手グループが、凄い活動を始動しました。みんなで歌いましょう!

 

うたごえ喫茶ともしび」(新宿区) に、しばらく顔を出していません。コロナ(正式には、新型コロナウィルス?)でご無沙汰しています。家族がうるさいこともあるが、例の「高齢者・持病持ち」にバッチリ該当するので、文字どおり「自粛」しています。

続きを読む

川越宗一『天地に燦たり』を読む。~秀吉の朝鮮出兵 /『礼記』(らいき) / 儒教の「礼」問答 /「天地ト参ナルベシ」。少し難しかったが、いい勉強になりました。

 

川越宗一氏直木賞『熱源』に続き、清張賞『天地に燦たり』を読みました。浅学菲才の私には手に負えない面があるので、最初に専門家の書評を紹介します。(週間読書人ウェブ https://dokushojin.com から)

続きを読む

坂名の魅力にせまる ~ 江戸っ子と都民が命名した坂の名前には、味わい深い庶民の生活感覚が反映しています! (第3回)【完】

 

 

「坂名の魅力にせまる」第3回【完】文京区・港区・目黒区の坂名です。文京区37坂(127坂のうち)、港区10坂(130坂のうち)、目黒区16坂(47坂のうち)、計63坂が対象です。一番坂数の多い港区が少ないのは、すでに「坂が俺を呼んでいる、待ってる」シリーズで、3回にわたって取り上げたからです。

続きを読む

坂名の魅力に迫る! 江戸っ子と都民が命名した坂の名前には、味わい深い庶民の生活感覚が反映しています!(第2回)

 

坂名の魅力にせまる!(第2回)~新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区千代田区・豊島区・練馬区 ~

 

2回目の「坂名の魅力にせまる」をおどどけします。お読みいただければ幸甚です。

続きを読む

坂名の魅力にせまる ~ 江戸っ子と都民が命名した坂の名前には、味わい深い庶民の生活感覚が反映しています!(第1回)

 

f:id:hideki-sansho:20200312063738j:plain
f:id:hideki-sansho:20200312063845j:plain


 複数の坂名を持つ港区内の坂について、<坂が俺を呼んでいる。待ってる。>と題して、先般3回に分けて投稿しました。坂名の魅力は奥深いので、「これはご紹介したい」と思う東京23区内の坂名を、<坂名の魅力に迫る>と題して、新たにブログ投稿することにしました。

続きを読む

「今日もまた コロナコロナで 明け暮れる いつまで続く この虚しさは」〜プロ野球、うたごえ、、、。

 

f:id:hideki-sansho:20200307140044j:plain 

1)詩や俳句の素養も趣味もない私ですが、見出しに掲げた“一句”をひねってみました。要注意とされている「高齢者」「持病のある人」に該当し、家族や周囲もうるさくて、外出もままならない昨今です。言いたいことや感想は山ほどありますが、五七五七七の呟きにとどめます。

………………………………………………

2)気分転換を兼ねてコンビニを覗き、久しぶりでスポーツ新聞を買ってきました。「日刊スポーツ」1面には、3月20日から始まる予定の、プロ野球の開幕延期も、の活字が踊っています。「スポーツニッポン」3面には、ソフトバンクからロッテへ移籍した福田秀平選手が、すでに2ホーマーを放ち、打率も.615と絶好調、との記事が大きく出ています。

f:id:hideki-sansho:20200308145441j:plain

f:id:hideki-sansho:20200308145508j:plain

………………………………………………

3)歌声や合唱参加は、しばし様子見とし、ブログ執筆・投稿、読書に打ち込みながら、「ともしび」の歌CDなどを毎日聴いています。

愛と平和のうた(ともしび合唱団)、◯たたかいのうた(同)、◯ロシアのうた(同)、◯ともしび 1200人の大うたごえ喫茶 LIVE2、◯同 LIVE3、◯歌の力清水正美の世界7)◯千の風になって清水正美)、、◯清水正美)、◯啄木に寄せて歌える(小川邦美子)、◯懐かしの調べ  こころの歌(加藤晴夫)

f:id:hideki-sansho:20200308151831j:plain

f:id:hideki-sansho:20200308152050j:plain

………………………………………

 

4) それにしても「ともしび合唱団」の歌は素晴らしい!「大うたごえ」のLIVEもすごい。清水正美さんの歌には、心を打たれます。まさに歌姫ですね。そして私の合唱の先生・小川邦美子さんの「啄木の歌」は素晴らしいです。ちなみに、啄木は私の高校(その頃は旧制中学校)の大先輩です。

加藤晴夫さんはともしびの古い指導者ですが、昨年6月にともしびで「加藤晴夫コンサート」を開き、元気な歌声を披露してくださいました。

…………………………………………

(写真撮影:Atelier秀樹)

…………………………………………

『秀樹杉松』112巻2973号 2020.3.8/ hideki-sansho.hatenablog.com #613

坂が俺を呼んでいる。待ってる! ~ 坂/坂名の魅力と坂学会坂プロフィール(第3回)【完】

 

 f:id:hideki-sansho:20200306063548j:plain

坂が俺を呼んでいる。待ってる!(第3回)【完】

 

坂学会坂ファイルの中から「港区内の複数の坂名を持つ坂」を紹介するのが目的です。それに、23区内の876坂を歩いた私の経験・感想・呟き、などを、編者の注記<編注>として書き添えました。3回目の本号で終わらせていただきます。/Atelier秀樹

続きを読む