秀樹杉松

祖父と孫、禾と木、松と杉

『秀樹杉松』へようこそ!

f:id:hideki-sansho:20181012125541j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125606j:plain
f:id:hideki-sansho:20181012125557j:plain

 

ブログ秀樹杉松 

ひできさんしょう /  URL  https:// hideki.sansho.hatenablog.com)  

 秀樹杉松は、2013年7月創刊の『Atelier秀樹ノート』を改題したもので、通算3770号に達しています。(2021/4/19現在)

『秀樹杉松』は2361号(2017年8月)から、紙印刷をやめてブログへの投稿に切り替え、ブログは810号を数えています。(2021/4/19現在)

 

雑誌をイメージしてますので、様々なカテゴリーから成ってます。

読書・クラシック音楽・うたごえ・坂めぐり・川歩き・山歩き・プロ野球・大相撲・シルバー・政治・文化芸能・坂学会の活動・坂研究まねごと・ウォーキング etc.

 

秀樹杉松 坂めぐり親川記(しんせんき=川歩記) は、本ブログの一推しです。

 

 秀樹杉松 坂めぐり

 東京23区内の坂歩き(2017年11月〜2018年12月)の記録です。1年間に118出かけて876坂を歩き巡りました。(アクセスは、矢印右側の 坂めぐりをクリックすしてください)

  

 親川記 (しんせんき)

都内の37の中小河川歩き( 2013年3月〜6月)の記録です。川に親しんだので、「親川記(しんせんき)」と名付けました。3K(鴨・亀・鯉)と友達になりました。(矢印右側の 親川記 をクリックすると、アクセスできます。

 

 

                        / Atelier秀樹(2020/12/28更新)

............................................................ 

 

 『秀樹杉松』98巻2699号 2018-10-10  /  hideki-sansho.hatenablog.com #339

LONG 女 と SHORT 男?

 

f:id:hideki-sansho:20210916102903j:plain
f:id:hideki-sansho:20210916102912j:plain

 

紙印刷時代を含めると、本ブログ『秀樹杉松』は通算3823号を数えますが、この種のタイトルでの投稿は初めてです。

総じて、日頃見たこと・聞いたこと・感じたこと・考えたこと・読んだこと、などの中から「ブログに書きたい」と思ったものを精選して投稿していますが、女や男の服装などについて書くのはこれが初めてです。(おそらく、最初にして最後でしょう)

 

私は人様の服装などには全く関心がありません。自分が”着た切り雀”であることにもよりますが、他に関心や興味を抱くテーマが多いからです。にもかかわらず、訳のわからない?見出し(タイトル)で本稿を書くことにしました。

……………………………………………

f:id:hideki-sansho:20210916103037j:plain
f:id:hideki-sansho:20210916103042j:plain

 

半年前、いや1年ぐらい前からでしょうか?

女性のズボン(パンツ?)が long になり、ズボンだけでなくスカートも長くゆったりしたものになっていることに気づいたのです。私は足腰が不自由なため、人にどんどん追い越されます。どうしても後ろ姿が目に入り、女性のスカートやパンツが long(極端に)になっているのに気づきました。

 

最初は「あれ?」と思いましたが、次第に女性のスカート・パンツの long が拡大し、あの人もこの人も、と写りました。路上だけでなく、電車やバス車内でもこの傾向は拡大し、今やファッションと化しているだろうと思うに至りました。

……………………………………………………………

さて、これだけ女性のファッションが広がるということは、生地がそれだけ多く使われるだろうから、どこかで生地の節約が必要になるのではないだろうか?、と余計な”心配”が過(よぎ)ったのです。つまり、女性のlong化を流行させつつ、他方で男性のshort化が図られるのではないか? そのためには、男性のズボン(パンツ)を短くするのではないか?と思考を巡らしました。

 

そう思いつつ男性のズボンの長さにを注目してきましたが、最近になって、その気配を感じるようになりました。仕事着の背広はもちろん長ズボンですが、休日に外を歩く男性や、電車・バスで見かける半ズボン姿の男性が少しずつですが、間違いなく増えているのを確認しています。バスや電車で毛むじゃらな脛を露出している、オジサンやオニイさんを見かけるようになりました。

……………………………………

f:id:hideki-sansho:20210916103211j:plain
f:id:hideki-sansho:20210916103220j:plain

 

政治・経済・社会を視る目は人並み?と自負していますが、服装や女性への関心はほぼゼロに近い自分が、上記のような経過と結論(long女性とshort男性)に至ったことにビックリしています。新聞やテレビでこんなことに言及している人にお目にかかったことがない(自分の知る範囲ですが)ので、自分の観察や思考がまんざらおかしくないことに、正直驚いています。

…………………………………

一方で生地を増やせば、他方で生地を減らす」は、私の”独断と偏見”ではなく、一定の客観性を持った経済法則らしいことが確認できました。ファッションに敏感な女性を動員し、あまつさえ男性まで動かし、プラス・マイナスでバランスをとる経営戦略、、、、。あなたはどうお思いでしょうか?

 

…………………………………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』125巻3823号 2021.9.16/ hideki-sansho.hatenablog.com #863

美しく雄大な富士山 ~ 秋の日和、河口湖に遊ぶ

 

 

9月12日までの「緊急事態宣言」は9月末まで延長されました。たまたま延長初日に当たった9月13日に、富士山麓の河口湖へ行ってきました。表題は「河口湖に遊ぶ」と洒落ましたが、実際は「遊び」に行ったのではなく、仕事上の”緊急事態”に対応すべく親しい友人を訪問したのです。

 

新宿バスタから高速バスで、2時間弱で河口湖駅に到着しましたが、思いのほかバスの揺れが激しかったのには少々参りました。しかし、このバス旅行でたっぷり山の風景を楽しむことができ、雲一つかからない美しい富士山を正面に見ながらの旅は幸せ感いっぱいでした。

 

久しぶりに富士の全貌が見られる好天だというので、屋外で大切な相談をしようかということになり、富士山を真正面に望む川口湖畔(すぐ足元に河口湖の水がくる場所)に、椅子を据えて腰掛けました。素晴らしい自然環境のもとでの相談だったことも幸いして、話し合いは有益な結果に終了しました。

 

下手なスマホ写真ですが、撮ってきたものを掲載します。真向かいの山が秀麗富士山で、手前が河口湖です。

f:id:hideki-sansho:20210914085714j:plain

f:id:hideki-sansho:20210914085740j:plain

f:id:hideki-sansho:20210914085812j:plain

 

…………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』125巻3822号 2021.9.14/ hideki-sansho.hatenablog.com #862

①阿部智里さんの小説<八咫烏シリーズ>、②カラス国での”ポスト助さん” 争い、③東京パラリンピック閉会式

 

f:id:hideki-sansho:20210907132219j:plain
f:id:hideki-sansho:20210907132228j:plain

 

阿部智里さんの小説<八咫烏シリーズ>は、以下の6篇で第一部が完結しました。

 1 烏に単は似合わない 2 烏は主を選ばない  3 黄金の烏 4 空棺の烏 5 玉依姫 6 弥栄の烏

そして、「楽園の烏」で第二部が始まりました。

 

今「弥栄の烏」を読んでますが、終わり次第「楽園の烏」を読み始める予定です。

f:id:hideki-sansho:20210909101648j:plain
f:id:hideki-sansho:20210909101653j:plain

……………………………

 

八咫烏をなんと読むか、最初は戸惑いましたが、ヤタガラスだと知ってびっくりしました。

調べたら、

八咫烏(ヤタガラス)は、「日本神話で、神武天皇の東征のとき、熊野から大和へ入る山中を導くため、天照大神から遣わされた烏」 (コトバンク kotobank.jp) と出てきました。

そういえば、戦前の国民学校時代に、似たような「ヤ」で始まる言葉を教わったことを思い出します。

ヤタ(ノ)カガミ(八咫鏡三種の神器の一つ。天照大神が天の岩戸に隠れた時、イシコリドメノミコトが作ったと伝える鏡(国語大辞典)

 

ヤマタノオロチ(八岐大蛇)=古事記日本書紀の神話に出て来る、身が一つで頭と尾が八つある大蛇。スサノオノミコトが退治し、その尾からアマノムラクモノツルギが出たという(同上」

 

なにせ戦時中だったので、天照大神アマテラスオオミカミ)・イザナギノミコト・イザナミノミコト・ニニギノミコトスサノオノミコトなど、さんざん叩き込まれたものでした。

………………………………………

 

ヤタヤアタの変化(ヤアタ→ヤタ)なそうで、八咫=8咫。

アタ(咫・尺)上代の尺度の一つ。親指と中指(一説に人差し指)とを広げた長さ」日本国語大辞典)。

したがって八咫はけっこうな長さで、八咫烏は巨大なカラスということになりますね!

…………………………

…………………………

 

f:id:hideki-sansho:20210907132349j:plain
f:id:hideki-sansho:20210907132358j:plain

 

いま読んでいる、阿部千智里<八咫烏シリーズ>はこの辺にして、次のトピックに移りましょう。

カラス国での「ポスト助さん」争いに。

なお、これは特定の国などの話題ではなく、あくまでも八咫烏に因んだ”カラス国”の物語で、完全な寓話(下手な創作のつもり?)に過ぎません。

 

カラスの国では今、「助さん」が在任一年で退任するということで、「ポスト助」争いが展開されているのです。

既に立候補の意思を表明している烏、考慮中の烏など、6羽ぐらいが取り沙汰されているようです、ね。(思いついたままの列挙で、順不同です)

海山 聞太(うみやま もんた)

山田 大助(やまだ  だいすけ)

岩波 携(いわなみ すがる)

上町 浩二(うえまち こうじ) 

中村 夏江(なかむら なつえ)

矢畑 清子(やばた きよこ)

…………………………………………

 

”創作”はけっこう難しく、阿部智里さんみたいにスラスラいかないですね。特に登場人物、いや登場カラスに人名をつけるのには、ずいぶん苦労しました。

…………………………

…………………………

 

それでは、東京パラリンピックの閉会式の写真(NHKテレビからスマホで撮影)で、本稿も閉幕とします。

f:id:hideki-sansho:20210907131353j:plain

f:id:hideki-sansho:20210907131443j:plain

f:id:hideki-sansho:20210907131533j:plain

f:id:hideki-sansho:20210907131618j:plain

f:id:hideki-sansho:20210907131656j:plain

f:id:hideki-sansho:20210907131637j:plain

 

…………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』125巻3821号 2021.9.7/ hideki-sansho.hatenablog.com #861

「機能性ディスペプシア」と「冷房病」~2週間苦しみました。

 

全身がだるく食欲がなくなり、夜は眠れない、、、。今夏こんな症状に襲われ、ずいぶん辛い思いをしました。おおかた回復しましたが、今も休養に努めているところです。こんなことは初めての経験です。

f:id:hideki-sansho:20210904141310j:plain
f:id:hideki-sansho:20210904141321j:plain

 

何しろ、夜は眠られず食事も嫌になったのは、あたかも「生きるすべ」を見失った感じでした。家族などに「熱中症ではないのか」と言われたが、そもそも熱中症には罹ったことがないので、ピンとこない。なんとなく違うような気がしました。

……………………………………………………………………

 

私にはずっと以前から、空腹時に鳩尾(みぞおち)が痛む症状に悩まされています。毎日とは限らず、また一日中見舞われることもないので、その都度なんとか乗り越えている”病歴”があるのです。

健康診断の時などお医者さんに相談しても、「病名はない」といわれたことも過去にはあります。

 

ところが最近ネット検索(日本消化器病学会:jsge.or.jp ガイドライン)したら、、次のような難しい名前がつけられているのに気づきました。(病名というより症状名でしょうか)

機能性ディスペプシ(functional dyspepsia:FD)

 

症状の原因となる明らかな異常がないのに、慢性的にみぞおちの痛み(心窩部)や胃もたれなどディスペプシア症状を呈する病気」

……………………………………………….

<FDの人の割合>

この症状で苦しんでいるのは、どうやら私だけではないようです。

FD(機能性ディスペプシア)の人の割合は、◯健康診断を受けた人(検診受診者)のうち11~17%、○病院にかかった人(病院受診者)のうち44~53%、と出てきます。病院に足を運んだ人の半数がこの難症状に悩まされているようです。(あなたは、無縁でしょうか?)

………………………………………

 

<FDを引き起こす原因>

1. 胃、十二指腸運動が障害された場合

2. 十二指腸の知覚過敏が生じている場合

3. 心理的要因(特に不安や虐待歴)

4. 胃酸が原因となる場合

(以下の5~9は省略)

(以上、日本消化器病学会 (jsge.or.jp)ガイドライン より)

…………………………………………………………………………

 

横文字の「ディスペプシ (dyspepsia)」ではよくわからないが、weblio (ejje.weblio.jp)によれば、

主な意味は「消化不良、胃弱」なそうです。

…………………………………………………….

 

f:id:hideki-sansho:20210904142103j:plain
f:id:hideki-sansho:20210904142112j:plain

 

町田市医師会HP(machida.tokyo,med.or.jp)によれば、

機能性ディスペプシアとは、胃の痛みや胃もたれが続くにもかかわらず、内視鏡検査をしても、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなど症状を認めない機能性疾患のことを言います。機能性疾患とは、内視鏡検査では異常が認められないが、内臓の動きが悪くなる状態で、ディスペプシアとは消化不良という意味です。

この病気の概念は最近確立されたもので、今まではいわゆる慢性胃炎や神経性胃炎という名で診断されていました」

(*編注:素人にもよくわかる簡潔・丁寧な解説ですね!)

……………………………………………………………………

f:id:hideki-sansho:20210904141510j:plain
f:id:hideki-sansho:20210904141525j:plain

 

面白くもない病気の話ですみません。

先日のことでした。いつもなら、時々くる「機能性ディスペプシア」に、3日連続でしかも我慢できないような痛みで襲われました。たまりかねて、以前もらった薬を服用したら、痛みがおさまりホッとしたのですが、次第に胃の調子がおかしくなり、不眠・食欲不振の状態が現れました。

 

心配(もしや胃がん?)が募り、かかりつけ医に駆け込みました。医師ははっきり言わないので、私が「熱中症ではないか、という人もいるが」と呟いたら、「熱中症ではないでしょう」とハッキリ。

 

1週間分の「食べられるようになる薬」を出してくれました。服用してみぞおちの痛みは消えましたが、なんかスッキリせず、気力・体力ともに落ち込みました。しかし何日か服用を続けたら、痛みは消え、今は食事も通常よりは少なめながらとっており、夜もなんとか眠っているようです。

.............................................................

f:id:hideki-sansho:20210904141752j:plain
f:id:hideki-sansho:20210904141801j:plain

....................................................

 

<いったい、どういう病気だったんだろう?>

 

約2週間苦しんだのを振り返り、「いったい何だったのだろう」と、ネット情報に当たりながら考えました。

その結果、もしかして「冷房病」だったのな?と思いつきました。

昨年までは自分の部屋(2階)には冷房を入れてませんでしたが、今年の猛暑(死ぬほどの辛さ)に耐えかねて、ルームエアコン(窓際据え付けの簡易式)を入れました。初めての冷房で猛暑は凌げましたが、そのうちに寒気に襲われ、体調に異変を感じるようになったのです。どうやら「熱中症」ではなく「冷房病」だったのではないか、と今では考えています。

…………………………………………………………

 

荒木脳神経外科病院HP (arakihp.jp) によれば、冷房病(クーラー病)について次のように書かれています。

「夏の体質のため、冷房の効いた部屋にいても、血管が縮みにくいため体内の熱が逃げすぎ「冷え」たり、外出先との激しい温度差によって、自律神経のバランスが崩れています。

自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしていますので、バランスが崩れると「冷え」に対する抵抗力が弱くなってしまいます」

 

「足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢不眠など・・・「冷え」によって起こる様々な症状が冷房病と言われるものです」
…………………………………………………………………

 

ここに書かれていることは、私の症状にぴったりなので、「俺、もしかして冷房病だったかな」と考えているところです。(なお、かかりつけ医には、今年初めて冷房を入れたことは話しませんでした)

…………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』124巻3820号 2021.9.4/ hideki-sansho.hatenablog.com #860

カミュ『異邦人』とヘミングウェイ『老人と海』を読む

 

 

「普段と違う本を読んでみようか」と書店の文庫本コーナーを覗いたら、知らない人はいないぐら有名な、外国小説がいっぱい置いてある。その中にあった、

カミュの『異邦人』とヘミングウェイの『老人と海に目が行った。これまで読んだかどうか思い出せないが、薄い文庫本だから読んでみようか、と表紙を見おろしたら、「新潮文庫の100円」と書かれている。

f:id:hideki-sansho:20210829132522j:plain
f:id:hideki-sansho:20210829132515j:plain

 

「こんな名作を100円で読めるなら」と、この2冊を買って読もうと躊躇なく決断。ところが、手に取って間近で見たら「新潮文庫の100冊」と書かれいるではないか。メガネをかけずに上から見下ろしたら「冊」が「円」に見えたのです。100円でないとしたら幾らするかと、裏表紙を見たら「定価:490円(税別)」。

 

というわけで、この2冊を読み終えました。誰でもが知っている名作と思われるので、下手な読後感は省略します。「いい歳をして今頃読むとは」と思われるかもしれませんが、読書が趣味の私ですが、どうも「外国文学」には疎いのです。これを機会に少し読んでみようかな。

 

…………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』124巻3819号 2021.8.29/ hideki-sansho.hatenablog.com #859

久しぶりで高校野球に感動 ~ 盛岡大附属高の健闘に拍手!

 

 

f:id:hideki-sansho:20210826110014j:plain
f:id:hideki-sansho:20210826110002j:plain

 

コロナ・ステイホーム」もあり、甲子園の高校野球を久しぶりで観ています。私は岩手県出身の都民なので、○東京 ○岩手 ○東北 ○東日本、の高校を応援しました。実力伯仲の接戦が多く、久しぶりで興奮し感動を覚えています。

 

しかし、今年は何故か?これら地域の高校は早くも姿を消して、残る希望は岩手県代表の盛岡大附属高校だけとなりました。

その盛岡大附属も昨日の近江高校(滋賀代表)に、接戦の末4-7で敗れました。今日の準々決勝は、京都・奈良・滋賀・兵庫・和歌山・福井・島根・高知代表の8校で戦われます。東日本、北日本が1校もいないのは、実に寂しいですね

…………………………………………

 

ざっと計算すると、私の高校時代は70年昔に遡るようです。当時は(今と違って)公立高校が強く母校の盛岡一高も、盛岡三高(盛岡商業)、一関一高などと並んで県の代表を争っていました。

 

盛岡一高はいわば古豪校で、(今調べたら)これまで全国大会出場は9回を数えるそうです。1952(昭和27)には、優勝候補の津久見(大分)に9-2で勝って準々決勝へ進み興南(沖縄)に4-10で敗れました。(盛岡一高入学の年だったのでよく覚えています)

…………………………………………

f:id:hideki-sansho:20210826110330j:plain
f:id:hideki-sansho:20210826110345j:plain

 

盛岡一高の校歌>

盛岡一高は旧制盛岡中学で、校訓は「忠実自彊」「質実剛健」で、文武両道をモットーの高校です。私が在学した1950年代初頭もその伝統が受け継がれており、校歌は「軍艦マーチ」の曲でした。高校野球や学校の行事では、「軍艦マーチ」を声高く歌ったものです。もちろん、歌詞は軍艦マーチとは別で、次のように立派なものです。

世に謳(うた)はれし浩然の 大気をここに鍾(あつ)めたる / 秀麗高き岩手山、清流長き北上や / 山河自然の化を享(う)けて 汚れは知らぬ白堊城、、、

........................................................................................................

 

<だんぜん強い、盛岡大附属高校と花巻東高校>

..................................................................................

テレビだったかラジオで、「最近の岩手県代表は盛岡大附属と花巻東が独占している」とのアナウンスを聴いて、びっくり。早速ネット情報を検索したら、確かにそうでした。

2000年代の岩手県代表は、盛岡大附属9回、花巻東8回、両校で17回で、8割を占めています。残る4回は、専大北上一関学院がそれぞれ2回ずつ。(自分の出身県なのに、こんな詳細知りませんでした)

2000   専大北上

2001   盛岡大附

2002 一関学院

2003 盛岡大附

2004 盛岡大附

2005 花巻東

2006 専大北上

2007 花巻東

2008 盛岡大附

2009 花巻東

2010 一関学院

2011 花巻東

2012 盛岡大附

2013 花巻東

2014 盛岡大附

2015 花巻東

2016 盛岡大附

2017 盛岡大附

2018 花巻東

2019 花巻東

2021 盛岡大附

 

……………………………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』124巻3818号 2021.8.26/ hideki-sansho.hatenablog.com #858

見事な「早朝の虹」 ~ ”早起きは三文の徳”?

 

f:id:hideki-sansho:20210819094348j:plain

 

今日は早朝のシルバー就業なので、5時半に自宅を出ました

少し歩いたところで、何気なく西空を見たら、大きな虹がかかっていました。日の出から30分ぐらいしか経っていないはず。こんな虹を見ることは滅多なことではできない!うまい具合に、スマホを携帯していたので、慌てて写真を4枚撮りました。

 

早朝なので観た方は多くはないと思われます。私は幸運でした。”早起きは三文の徳”でしょうか?下手な写真ですが、どうぞご覧ください!

 

f:id:hideki-sansho:20210819094433j:plain

f:id:hideki-sansho:20210819094455j:plain

f:id:hideki-sansho:20210819094521j:plain

 

……………………………………………

写真:Atelier 秀樹

…………………………

『秀樹杉松』124巻3817号 2021.8.19/ hideki-sansho.hatenablog.com #857